2008年11月11日

北陸石川へ

出張で加賀百万石

ことじ灯篭日曜日(9日)から2泊3日の出張に出かけてきた。 石川県への入りは「能登空港」からスタートした。 この能登空港がビックリの空港で、2Kmの滑走路しか持たず着陸時には体が前傾姿勢になるほどのMAX逆噴射を行い、その後着陸後滑走路上で方向転換を行いターミナルに向う恐ろしく珍しい空港である。 小松空港があるのに、ここまでして小さな地方空港を作る必要があるのか、大変疑問である。

続きを読む
posted by 2740GG at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする