2006年11月21日

小春日和

三浦半島

三浦大根畑小春日和に誘われ三浦半島方面へツーリングに出かけました。 基本的にはあまり海方面が不得意で、三浦半島へはここ10年出かけておらず、久々の湘南・三浦半島ツーリングとなる。


自宅から茅ヶ崎へは渋滞にもまれながら特別何もない移動であったが、街道沿いの木々の紅葉と落ち葉の色合いが大変綺麗であった。 茅ヶ崎からは国道134号の走行となるが、江ノ島までは道の左右が松林に囲まれ、海ひとつ見えない状態である。 江ノ島には渡ったが先を急ぐためにバイクから降りることなく、一目散に通過。 ここからは約3キロ「江ノ電」の線路と併走するが、『鎌倉高校前駅』に隣接する道路でなにやら、周りの景色と不釣合いな状況。 確認すると色々な撮影機材や数名のスタッフ。 きっと、ドラマか映画のロケをやっていた様である。 そう、この地は数多くのドラマや映画のロケ地であり、古く(自分の中では)は「天国と地獄」、そして中村雅俊主演の数々の青春ドラマが生まれ、その年代の若者の記憶に残ってきた有名な場所である。 このロケ現場も停止もせず通過し、三崎港までノンストップ。 三崎港では時間的に昼食であったが、腹も空いておらずチョット散策して剱崎に向かう。 ここからのコースは大変気持ちよく走行できるお勧めコースである。

■コース
自宅(AM9:00)→府中街道→東八道路→国道16号→国道129号→国道134号→江ノ島→三崎港→剱崎→三浦海岸→国道134号→鎌倉→大船→鎌倉街道→町田→府中街道→自宅

20061121走行


■画像
ここをクリック



posted by 2740GG at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック