2007年08月28日

北信州ツーリング〔番外地編〕

阿弥陀堂だより

阿弥陀堂

映画の舞台となった「阿弥陀堂」
志賀草津道路の終点にほど近い、飯山市にロケ地が点在していたのを思い出し、行ってみる事にする。

阿弥陀堂だより(予告編)


水車案内板
県道37号の富田入口信号を右折し、この水車を過ぎれば福島の集落となり、更に集落を上りつめると「阿弥陀堂」はある。



左右


棚田の里三部左に数十メートル進むと、三部の棚田がある。 そしてこの棚田を含んだ「福島新田」の棚田は、日本の棚田百選に選定されているそうである。

「日本の棚田百選」公式HP



②①

中①中②
そして、右に入るとそこに阿弥陀堂(オープンセット)があり、中も見ることが出来る。
堂内には、当時の写真などが展示されていて、その右隣には主人公の「上田孝夫(寺尾聡)」の作った、便所も残っていた。


関連サイト
 飯田市HP

 信州いいやま観光局HP

 道の駅「花の駅・千曲川」


posted by 2740GG at 14:32| Comment(3) | TrackBack(0) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棚田はいいですね。まだまだあるんですね。棚田に彼岸花が咲くと最高です。
Posted by グータン at 2007年08月28日 22:47
グータンさん、コメントありがとうございます。

本当に気持ちの良い棚田でした。また、県道37号から望む福島地区は画像にはありませんが、遠い昔を想像させる日本の風景でした。グータンさんも一度足を運んではいかがですか?。その時は、映画「阿弥陀堂だより」を観てから行く事をお勧めします。
Posted by 2740GG at 2007年08月29日 08:32
はい。是非一度行ってみたいです。映画阿弥陀堂だよりを観てみます。
Posted by グータン at 2007年08月29日 13:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック