2008年02月05日

武蔵野うどん-38

かずら

かずら肉つけうどん

今日は正月以来の連休となった。 かなり前から火曜日が休みになったら、行こうと決めていた小平市鈴木町の「かずら」に出向く。 家からは滝山団地から新小金井街道を直進して、車で10分弱で到着する。 店内は12時前だというのに、すでに80%のうまりようだ。 そして、店内中央の楕円テーブルにすわり店内を見渡すと、色々なメニュー(短冊)が貼られていて「無いぞ!肉汁うどん!」。 この店では「肉汁うどん=肉つけうどん」であり、その肉つけうどん(中)750円を注文する。 そして、5分足らずできたうどんにビックリ。 そばの如く、かなりの茶褐色で、ここまでの濃い色は初めてであった。 因みに、前に座ったおじさんの肉つけそばと比べると、若干うどんのほうが色が薄いが、ほぼ同等であった。 味はさておき、つけ汁が丼だったのが嬉しかった。

店内の張り紙にオモシロい注意書きを発見。

「当店の麺と汁は常に試行錯誤しており、日によって味が変化します。」

完全に覚えていなく、多少文言が変わっているが内容はこのまま。

でも、試行錯誤の意味って・・・

種々の方法を繰り返し試みて失敗を重ねながら解決方法を追求すること


posted by 2740GG at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック