2008年02月13日

鳴くきのこ

エリンギ

いつからか、結構食卓にのぼる事が多くなってきた、この食材。

エリンギ

ウィキペディアによると、20年弱前から日本の食卓にお目見えしたそうである。
そして、今日ビックリしました。 知る人は知っているそうですが(結構知られた事の様)、コイツ炒めると鳴くんです。

キューキューと。

posted by 2740GG at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ。
エリンギたまに炒めるけど、あたしのエリンギは
キューッて鳴いたことありません。
どういうふうに炒めれば鳴くのかな・・・
(*ΦωΦ) ハチミツねこ
Posted by ハチミツねこ at 2008年02月26日 11:22
いらっしゃいませ、ハチミツねこさん。

ヤッパ「えっ。」ですよね。
自分自身が料理をしていた訳ではないのですが、台所のコンロで妻が中華鍋に油をひかず、縦割りされたエリンギを炒めていた時(正しくは焼くかな?)の状況です。
その時、驚いていた自分に向かって妻が「この音は、その道(音響関係らしい)のプロの間では有名で、効果音として動物の鳴き声等に使用している。」という様な意味の事を、私に説明していました。
妻の友人の旦那さんが、その道のプロとの事でした。

ぜひ、お試しください。
Posted by 2740GG at 2008年02月26日 12:28
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック