2008年07月14日

チョイナビ&ETC

二つの電子製品

after予行練習後、入手していた「MiniUSB5V変換ケーブル」と「ETC」の取り付けを行う。 まず最初はETCからスタートすると決め、外装パーツ関係の取り外しから入る。 予行練習のお陰で、ものの10分ほどですべて外れ、アンテナとインジケーターの位置を決めて付属の両面テープでベタッと貼り付けた。 2本のハーネスを車両中央部までハーネス沿いに引き回す際、カウルの一部を加工した。 なんとインジゲーターの配線がギリギリであった。

後で分かった事だがこの日本無線製のETCには2品番あり、今回使用したのが「JRM-11」。 そしてもうひとつが、「JRM-11L」であり末番のエルがハーネス長プラス50Cm(2.5M)のようである。 そして、車載器本体の配線だがIG電源とマイナスの2本のみであり、プラスは本体のセット位置近くの車両診断装置接続用カプラーに接続し、マイナスは車体アースとした。 後は、来週のセットアップまでお預けである。

残すはナビ用電源の「MiniUSB5V変換ケーブル」の取り付けだが、予行練習どおりポジション球に結線し、本体はタコメーター下の黒いBOXに両面テープでペッタ。終了。


ETC車載器本体位置



posted by 2740GG at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 月曜整備(TRANSALP:1号機) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック