2008年08月18日

八ヶ岳一周ツーリング

目指すは甲州地どりの親子丼

メルヘン街道このところ結構ルートがカブってしまう、最近のツーリングですがこんなトコに行ってきた。
その「こんなトコ」とは、八ヶ岳の

❝中村農場❞



内山峠下ETCの装着後、通勤割引という強い武器を得たので、今回も花園ICから下仁田ICまで高速移動をする。 吉井IC付近で若干シールドが濡れるが、新調したカッパの出番は無く「荒船風穴入口」までR254を走行する。 この辺りから山並みを望むと、いかにも「雨降ってますぜ!」と言わんばかりの空模様である。 実際その通りで、5分も走行しないうちに路面が濡れ、シールドも濡れてくる。 内山トンネルを抜け、ドーピカンを期待しつつそのままの走行となる。 そして、トピーカンとはならなかったがカッパを着なかったのは正解であった。


スタート地点佐久を通過し、まず目指したのが麦草峠。 そして、お約束のスタート地点でパチリ。 ココからは第2休憩ポイントの「レストランふるさと」まで、快適走行となる。


鉢巻道路麦草峠通過後、初めとなる奥蓼科に入り鉢巻道路に向かう。 その途中、東山画伯の題材になっているので有名な静かな池「御射鹿池」を通ったが、さすが有名なだけに観光客が結構な数おり、写真を撮っていた。 当然自分はスルー。鉢巻道路と御柱街道のスタート地点(?)の五差路手前で数キロの未舗装路に出会うが、フロント19インチでも思いのほか安定した走りが出来、自分としては合格点であった。 その後、八ヶ岳高原ライン・泉ラインと走り、今回の目的地に直行する。


中村農場親子丼

そして、開店前の11時40分に到着する。 すでに結構の待ち客がおり、即座に受付表に名前と人数を記入したあと、写真を撮ったり、売店を覗いたりの時間潰し。 寂しい事に、人数に1人と記入したのは自分だけ・・・。 11時55分入店開始となるが、残念ながら一巡目ではなく二巡目となる。 開店後、待つ事20分で自分の番が回ってきて、カウンター席に案内される。 初めから決めていました、迷う事無く「甲州地どりの親子丼 940円」と「手羽先(小) 200円」を注文する。
最高でした、親子丼。 正に本物。
張りがあり、プリプリとして、しっかりしており、しかし硬くない、大変美味しかった鶏肉と、色合いからしていかにも超新鮮な、濃厚な卵のコンビネーション。
そして、手羽先(小)はブロイラーとは雲泥の差。 俺は地どりだと、主張しており簡単に関節も折れてくれない。肉も骨から離れてくれない。 要するに、チョット食べ辛かったな。


通行止め十石峠

一時間弱待っても食べるのは、ものの10分弱で終了。 そのまま、清里方面に向かい昨年「県境峠巡りツーリング」で発見した小沢志なの入トンネルを通り、ぶどう峠に進む。 しかし、この看板。 まだ開通していなかったの?仕方なく、4月と同じコース帰宅となる。

■コース
自宅(6:20)→R254→花園IC→下仁田IC→R254→内山峠→R141→R299→麦草峠→奥蓼科→鉢巻道路→八ヶ岳高原ライン→泉ライン→中村食堂(昼食)→R141→小沢志なの入トンネル→R141→R299→十石峠→志賀坂峠→秩父→飯能→R463→自宅

20080818走行



posted by 2740GG at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック