2009年05月26日

毛無峠ツーリング

残念ながら未到達

直線バックミラーから今日は、以前から色々な方のHPやブログの記事を読み、“いつかは行こうリスト”にランクインしていた「毛無峠」に出かけた。 また、決定の後押しをしてくれたのがコメントを書いてくれるhideさんのこの記事。 峠からの動画も掲載されており、旅心をそそられました。 そして、今日のプランから出発は6時に決め、関越の嵐山小川ICを目指して所沢、川越、東松山とハイペースで通過して7時15分に高速インとなる。



倉渕途中高速からは松井田妙義で離脱して、県道33号で倉渕へ向かう。 画像は途中で目を惹いた魚道。


二度上峠権田からこの「二度上峠」までハイペースで一気に上る。 思えば、北軽井沢からのルートは数多く走っているが、倉渕側からは初めての様な気がする。



溶岩樹型北軽井沢からは嬬恋パノラマライン北コースに入る。 そして、ココに寄り道「浅間山溶岩樹型」。 同じもん見たことあります-R139沿いの「鳴沢溶岩樹型」。


南ルート直線北ルートから南ルートに入り、お約束の長~~~い直線。 そして、本日の最大目的の毛無峠に向かうため、志賀草津道路、上信スカイラインと走行して・・・


K112分岐

長野県に入り、県道112号の分岐に到着。エェーッ、通行止めジャン!!。 長野ナンバーのセローのライダーと共に自己責任でという事で進入し、峠まで後半分の所で除雪作業をしている県職員と遭遇する。 峠までと交渉するが、万一事故が起きると自分たちの責任となるため「ダメ」。 そこへ、通行止めなのに何故か峠から一台のバイクが・・・。合わせて3台で上信スカイライン方面に戻ることになった。 峠からやってきたライダーに話を聞くと、そのライダーが通過した後作業が始まった様であり、彼は峠まで行ってきたそうである。 次回また来る事を誓い、上信スカイラインを下る。“残念”


湯の丸高原その後、菅平、鳥居峠と走行し、地蔵峠から車坂峠に向かう。


こまくさ峠ここはこまくさ峠。 ここから車坂峠まではダートとなる。


車坂峠ダートの終点は車坂峠。 途中、ランプの宿と書かれた「高峰温泉」が手招きしていたが、時間の関係から今回はパス!。


道の駅しもにたココ道の駅しもにたまでは、チェリーパークラインから浅間サンラインと走行し、和美峠からはR254で到着する。 今回、目的だった「毛無峠」が不発に終わったため、気になっていた南軽井沢のココへ。 今でも当時のことは鮮明に思い出せるが、現在ことが起きた場所は完全管理型の別荘地となり、立ち入ることも出来なかった。(無理はしていないが) そして、ココからは一気に帰宅したいとこだが時間はまだあるため、今年の正月に発見した藤田峠、塩沢峠を目指す。


塩沢峠私の大好きルート10選のひとつにランクイン。
下仁田からK193-K192-藤田峠-K46-塩沢峠-K71-土坂峠までのルート。超お勧めです。


今日は走ったなぁ~。全行程558.6Km(内高速68.7Km)



20090526走行■コース 【本日の走行558.6Km】
自宅(6:00)→嵐山小川IC→松井田妙義IC→浅間山溶岩樹型(P1)→嬬恋パノラマライン(P2)→毛無峠手前(P3)→こまくさ峠(P4)→車坂峠(P5)→浅間サンライン→南軽井沢→和美峠→道の駅しもにた→藤田峠→塩沢峠→土坂峠→R299→自宅





posted by 2740GG at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロングツーリングお疲れ様でした。

くぅ~~ (ノД`)゚。 残念でしたねぇ~
目の前まで行きながら、さぞ心残りが・・・

確かに自分が行った時も除雪車はありましたが、作業が休みだったんでしょうね。でも、殆ど雪はありませんでしたよ。落石は多かったみたいですが・・・
またチャンスがあります。 もっと緑が濃くなった頃に出かけてみてはどうでしょうか? その頃には自分も行きますけど!
Posted by hide at 2009年05月27日 23:24
こんにちは、hideさん。

本当に残念でした。除雪作業を行っていた長野県職員が鬼のように思えました。
(逆の立場だったら同じことを言ったでしょうが・・)
梅雨が明けた頃に避暑がてら、また出かける予定です。
Posted by 2740GG at 2009年05月28日 12:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック