2009年06月23日

彩甲斐ツーリング

梅雨なのに真夏日

フルーツライン梅雨真っ只中というのに、天気予報によると今日だけ快晴&真夏日になるようである。 でっ、10時とスタートが遅くなったが秩父周りで山梨の都留へ、吉田うどんを目指した。 最近、うどん情報をネットで調べていくうちに、吉田うどんの店が富士吉田市手前の都留市に点在している事が分かったのである。 すでに何件か訪問しており、この辺りの吉田うどんは自分の中では「都留うどん」というカテゴリーとしている。 そして今日の標的は絶対に行く事のない、高速の西側にある「ちゃん系」うどん店?のとした。



有馬ダム秩父経由ということでまず向かったのが、ここ有馬ダム。 ここは思い出深く、ダムが建設される前何度となく、友人たちとバイクで川遊びに来た場所である。


有馬峠この時間まだ雲が多いが、若干の青空が出て来た。 ここで、後から車で来た初老の方と会話をしていると、初めて聞く「ポッ、ポッ、ポッ」と大きな鳴き声が。 この方いわくこの鳥は「ツツドリ」との事。 さすがハイカー、よく知っておれらビックリ。


ナビ電源第一休憩ポイントとなったここでは、出発後まもなく外れに気づいた「ナビ用電源BOX」の応急修理をする。 これはフロントカウル内のバンク角センサーの裏側に、かなり強力な両面テープでペッタンコしていたはずなのに・・・。 応急修理完了後、広河原逆川林道を一気に下るのだが連日の雨で、道路状況は最悪な状況である。 フロントズルズル、リヤズルズル、両輪ズルズルと何度となく危ない思いをしたが無事下界まで降り、雁坂トンネルからフルーツラインで塩山、勝沼と通過して甲州街道へ。


うえちゃんうどん冷し肉つけ

そして、今回の最終目的。都留の吉田うどん?。 自分的には「都留うどん」である。 ココ「手打ちうどんうえちゃん」は初めての訪問であり、ナビ無では絶対に到達することは出来そうもない場所にあった。 入店後、初めて訪問をおばちゃんに告げアドバイスの結果「冷し肉つけ(大)」550円を注文する。 運ばれてきたうどんはこの通り大皿に盛られ、吉田うどん独特なキャベツと桜肉と揚げ玉がトッピングされたGoodな感じである。 そして=食す=ウッ旨い、さらにテーブル上の揚げ玉と辛味と刻みねぎを追加して、あっという間にたいらげた。 最高です、都留(吉田)うどんの堅さとリーズナブルな価格。


1.7MR139に戻る際、富士急行のガードは高さ制限MAX1.7mだそうである。


河床路都留市からは道坂峠経由で道の駅どうしで休憩後、厳道峠から秋山温泉、藤野に向かう。 峠手前で以前奥只見湖の遭遇した「沢水の道路横断(洗い越し:河床路)」の小型版に出会う。 藤野からは甲州街道を自宅までまっしぐら。


20090623走行■コース 【本日の走行289.9Km】
自宅(10:00)→有馬ダム(P1)→有馬峠(P2)→フルーツライン(P3)→手打ちうどんうえちゃん(P4)→厳道峠(P5)→甲州街道→自宅






posted by 2740GG at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック