2009年06月29日

ナビ電源修復

暑くなる前に

ナビ電源朝起きると、晴れであるが今日は残念ながら出かけるのはお預けである。 先週の「彩甲斐ツーリング」出発後に気付いた、外れたナビ電源の修復を30℃になる前に早いうちからスタートした。 このナビ電源は先週の記事でも書いたが、バンク角センサーの裏側にかなり強力な両面テープでペッタンコしていたのだが、約一年で外れてしまった。 単純に取付場所と取付方法を変更すれば完璧に固定できるはずだが、何故かココがベストポジション。 さらに強力な両面テープを2重張りにして、同じ場所にペッタンコした。



HISSナビ電源の修復が終わってカウルを取り付けていると、こんなもんを発見した。 こんなもんとはHISSのレシーバーユニットに張り付いていたコーションプレートである。 これには「HONDA LOCK Mfg」なる会社とシリアルナンバーの表記があり、どちらとも初めて存在を知る。 そして、何故なのかスペイン製なのにハングル語の表記も・・・?。 きっとなんかの時にこのシリアルナンバーが必要なのでしょう。


タイヤエアー調整先々週、出来なかった(磨耗の早さで愕然として諦めた)空気圧調整をする。 案の定、推測どおりフロント約1.8、リヤ約2.0であった。 今回もお気に入りのフロント2.2、リヤ2.5に調整する。 タイヤエアー調整はガソリンスタンドに行けば簡単だか、「なんでも自分で」というコンセプトのもと、エアーポンプを物置から引きずり出し調整した。

posted by 2740GG at 17:31| Comment(11) | 月曜整備(TRANSALP:1号機) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長崎も梅雨まっさかりで、今週末は雨ばっかりです。
さて、「ホンダ・ロック」という会社ですが、もちろんホンダの子会社で、二輪、四輪のイモビライザーを作っています。
トランザルプを購入したときについてきた書類の中に、HISS(イモビライザー)の説明書かなんかの1枚ものの印刷物が入っていて、そこにホンダ・ロックと書いてありましたよ。
工場はたしか宮崎市の佐土原町というところにあります。
でも、この写真を見ると、韓国製の匂いもしますねー。
Posted by ぎんも at 2009年06月29日 20:57
いらしゃいませ、ぎんもさん。

今、話題の宮崎県ですね。自分の中の宮崎県は「芋焼酎」が大半を占めており、まさか自分のトランザルプの一部分がメイドイン宮崎とは驚きでした。さらにハングル語がびっくり!!
Posted by 2740GG at 2009年06月29日 21:37
鍵の上についてるシールですかね。
そういえば買ったときに1枚かみっぺらがありましたね。
何語か良く分からなくてよく読んでませんでした^^;

ポンプはいつも手こぎのポンプを使っているんですがいい加減欲しいですねぇ
Posted by ぱっくぽん at 2009年06月29日 22:07
>レシーバーユニットに張り付いていた?
>コーションプレート?
初めて聞く事ばかりでいつも勉強になります。

私は気持ちだけは、「出来れば自分でやりたいな派」なのですが・・
知らないことが多すぎます(^_^;)

Posted by みのなにわ at 2009年06月30日 08:39
いらっしゃいませ、ぱっくぽんさん。

母国語の日本語に勝るものはありませんが、英語以外だと単語からも想像すら出来ません。このポンプですがコレには結構助けられていて、タイヤ交換時のビート上げも難なくこなしてくれる力強いやつです。(ある企業からの提供物ですが)


いらっしゃいませ、みのなにわさん。

皆さんより使用期間・走行距離が多い分、色々なことが早くやってきます。気が付いた事はどんどん書いていきますので、ご参考になれば幸いです。
Posted by 2740GG at 2009年06月30日 22:05
そうなんですよね、手動ポンプだとなかなかビートが上がらなくて結局スタンドに空気入れに行ってました。
以前の記事を拝見するとタイヤが硬そうで交換できない予感が・・・・
Posted by ぱっくぽん at 2009年06月30日 23:32
今晩は。
ぱっくぽんさんのおっしゃる通り、ラジアルタイヤのリヤついては無理をすればビート落としから交換までやって出来ないことはないと思います。がぁ、今回のタイヤBWのサイドウォールの硬さと交換時の傷付を考え、無難に新品タイヤとリヤホイールAssyをバイク店に持ち込み依頼しました。その点、フロントタイヤはバイアスのために楽チンですね。-もうすぐ2度目のFタイヤ交換となりそうです-
Posted by 2740GG at 2009年07月01日 21:27
こんにちは。
もう確認をとっているかもしれませんが、ABS-TRANSARPの純正フロントブレーキパットはホンダ純正部品で入手可能です。
(国内在庫を本田技研が常時しています)
早速注文しましたが、2台分は半端でなく痛い出費でした...
Posted by へいぞう at 2009年07月08日 21:56
今晩は、へいぞうさん。

貴重な情報ありがとうございました。自分も部品の中番からトランザルプ700のABS付専用パーツと確認しており、大変心配していました。 コレで一安心です。
 
>早速注文しましたが、2台分は半端でなく痛い出費でした...

確かにバイクの部品代は高いですね。せめてメンテナンスパーツくらいは、現在の半値にしてもらいたいものです。
Posted by 2740GG at 2009年07月09日 21:16
こんばんはー
この前、私もタイヤ交換しました。
トランザルプ買ってから初めてのタイヤ交換です。
走行距離は約9700km。
まだスリップサインは出てきておらず、少し早めに交換しました。
2740GGさんと比べたら、倍近い距離なんですが、何が違うのでしょうか?
私としてはいたって普通に走っているのですけどね^^;
交換したタイヤはブリヂストンのバトルウイングです。
ちょっとだけトライしてみたのは、リアタイヤです。
実はワンサイズ大き目の140/80R17にしました。
タイヤのカタログをよく見てみると、トランザルプの標準タイヤの130/80R17の標準リムサイズは3.0インチ。
140/80R17の標準リムサイズは3.5インチ。
いっぽう、トランザルプのリヤリムサイズは3.5インチですので、140/80R17のほうがジャストサイズではないかと、勝手に解釈してつけてみることにしました。
リヤスイングアームとタイヤとのクリアランスも十分あり、何事もなく装着できました。
ABSとの関係がどうなのか、ちょっと不安材料はありますが、今のところ問題なしです。
ただ、トランザルプの場合、リヤホイールの回転センサーでスピードメーターを表示しているので、サイズの大きなタイヤに換えると、表示スピードより実際のスピードのほうが少しだけ高くなります。
今回の場合、その差は3%です。メータで100km/hの場合、実際のスピードは103km/hということになります。
今まで標準タイヤで不快に思っていたタイヤノイズと振動がすっかりなくなって、かなり気に入っています。
ただ、梅雨真っ盛りで、バイクで出かけられないのが残念です^^;


Posted by ぎんも at 2009年07月12日 00:00
今晩は、ぎんもさん。

遂に訪れたようですね、タイヤ交換!!。
実際のところ自分の交換は約6500㌔弱だったため、1.5倍ほど長持ちしたようですね。
その理由はスバリ、乗り方などではなくトランザルプ以外の質量違いでしょう。
(体重??)

それと、サイズアップ装着。 冒険しましたね。 自分なんかは、指定以外は怖くて、考えもしませんでした。
Posted by 2740GG at 2009年07月12日 22:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください