2009年08月24日

奥利根ツーリング

バイクでいける群馬県最北端

黄色のつり橋どうやら今週から暑さもひと段落するようである。 そんな中マイナスイオンを浴びに、群馬県の最北端を目指し出かけてきた。 いつもの時間に目覚め、NHKの天気予報を確認する。 「午前中、水上地域は雨雨模様exclamation×2」とのことである。 急遽、ベットの中でコースを変更し、赤城山から奥利根に入るコースとした。



赤い橋何とか7時前に出発でき、まず向かったのが関越嵐山小川IC。 所沢、川越とスムーズに通過して約一時間で高速インする。 そして高速アウトは前橋ICである。 若干前橋市内でミスコースしたが、ナビの活躍によりに赤城道路に入り大沼に向けて上って行く。 残念ながら途中から、園児を満載した幼稚園バス2台に先導され、大沼まで時速30キロ走行となってしまった。


大清水小屋赤城山からは一気に下り、薗原湖経由で行止りポイント[その1]のR401終点である大清水小屋に到着する(今回初めて)。 尾瀬戸倉からの片品渓谷はマイナスイオン一杯の森の中を進む、大変気持ちのよい林間コースであった。


大清水1大清水2

大清水小屋の手前にこの大清水がある。 大清水といえば身近なのはJR東日本のこれ「大清水」。


鳩待峠次は、ココも今回始めての地となる行止りポイント[その2]の鳩待峠である。 さずが尾瀬の表玄関でありハイキング客の車で一杯である。(確か尾瀬戸倉の分岐に満車看板があった) 停車数秒後には駐車場のおじさんがやって来て「停めますか?」。 場違いであったことに気づき、そそくさと写真を撮り退散する。


こんろく峠照葉峡

こんろく峠、照葉峡とマイナスイオンを吸収しながら快適に山道を楽しんだ。


奈良俣ダム奈良俣ダムにちょこっと立ち寄る。 ロックフィルダムの中では日本で2番目の高さだそうだ。 なんか2番目っていうとこが寂しい感じである(確か麦草峠も2番目だった)。 一番ってどこだ。


八木沢ダム・奥利根湖そして、本日の最終目的地「八木沢ダム/奥利根湖」に到着する。 ここは利根川本川の最上流部に位置しており、東京都の水道水を貯めている貴重な私たちの水源である。 特に目を引いたのがアーチダムとわきダム間にあった「洪水吐」である。 ダムサイトの駐車場に上る際に、大きな建造物の下を潜ったのがそれであった。 資料館内に試験放出された画像があったが、本物はきっと豪快であろう。


ラーメン武尊スタミナラーメン

でっ、今日の昼飯はここ「ラーメン武尊」。 ラーメン通には有名のようで、ネット情報もかなりヒットする。 そして、注文は中でも有名な「スタミナラーメン800円」である。 出てきたラーメンはご覧の通りのもので、白い物体が好きな人には好きなニンニク。 うどん好きな自分にとってはチョット重荷であった。
この後は、帰路に着くだけである。 「道の駅水上町水紀行館」と「道の駅ぐりーんふらわー牧場・大胡」の2箇所で休憩をとり、熊谷経由の下道で川越で寄り道をし、自宅へ一直線となる。


20090824■コース 【本日の走行443.5Km】
自宅(6:55)→嵐山小川IC→前橋IC→赤城山→大清水→鳩待峠→こんろく峠→奈良俣ダム→八木沢ダム→ラーメン武尊(昼飯)→R353→上武道路→自宅




より大きな地図で 奥利根ツーリング を表示
posted by 2740GG at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック