2009年11月09日

甲府盆地一周ツーリング

甲府鳥もつ煮

紅葉今月に入り寒さもバージョンアップし、寝具も真冬寸前となってきた今日この頃である。 そんな中、チョット気になっている甲府盆地内に存在する2箇所のスポットを目指し、近場ということで遅い8時にスタートした。

その気になりスポットは
 ① 映画「東京少年」のロケ地
 ② 南アルプス市のループ橋

そして、最近売り出し中のご当地グルメ「鳥もつ煮」exclamation



雁坂トンネル料金所ここは彩甲斐街道の雁坂トンネルの料金所。 いつも思うのだが、料金が全体的に高い気がする。 ちなみに2輪は560円だったかな?。 ここまでは毎回お馴染みのコース、R463→R299→道の駅あしがくぼと順調に進み、コーヒータイム後R140でここに到着する。 今回、初めて3月に買い換えたウインターグローブを使用したのだが、さすが最近のものは色々な化学素材が活用されている様で「最高・快適」である。


紅葉2

甲府盆地に入り愛宕トンネル手前から愛宕山に入る。 ここまでの紅葉はほとんどが黄色ベースであったが、ここで燃える様な赤色に遭遇し、思わず停車カメラ


東京少年ロケ地

ネット配信で「東京少年」を見た時から、赤い郵便ポストが妙に印象的だったこの「街を見渡すことができる丘」気になっていた。 ひょんな事から甲府盆地内であることを知り、今日のツーリングの目的地となった訳である。 大体の場所は想定できていたのだが15分くらいの捜索で発見する。 場所は愛宕山中腹の住宅街で、甲府盆地を見渡せるイメージ通りの最高のロケーションである。 映画の内容はともかく、この場所の映像は今でも脳裏に残っている。 ちなみに、自分としては「東京少女」のほうが好きなんですが・・・


桃花橋ループ1桃花橋ループ2

ある日グーグルの地図で南アルプス付近を見ていると、まん丸な道路を発見した。 更に写真表示に変えると、ループ橋と判明。 それではという事で、今日の捜索となった。 どうやらここは「桃花橋」というループ橋であり、上りきったところに展望台がありここからも甲府盆地が展望できた。 でも、こんなとこにこんな大それた建造物が、果たして必要だったのか疑問ではあるが・・・


鳥もつ煮かつ丼ぶり

そして、いよいよ本日の昼食タイム。 今、ちまたで密かなブームから全国的なグルメになろうとしている「甲府鳥もつ煮」目指して、R358の右左口(うばぐち)の「たき川」に向かった。 ここの店の選択は、市内から外れており、ただ単に盆地一周コース上にあったためである。 この店の鳥もつ煮は定食としてではなく、単品でしかメニューになくカツ丼も一緒に注文する。 また、このカツ丼も一風変わっており、煮カツ丼ではなくソースをかけて食べる、そのまんまのカツ丼であった。(この辺りでカツ丼というとコレらしい:オバチャン談) そして、運ばれてきた鳥もつ煮はポスター等で見るのとは若干違い、獅子唐ときんかん(産まれる前の卵)がのってなく、チョット残念であった。 そして、食べる-想像通り旨い-きっとコレだけで、飯が2杯は食えそうである。 でも待てよ、この味、ここまで濃くはないが年に何回か家でも食卓に出てくるぞ。(青森産の女房なんだが)


通行止め後は帰路に着くだけ。 ルートは大月手前から真木小金沢林道経由で松姫峠越えで奥多摩から青梅街道。 しかし、この通り通行止めであり、上野原から甲武トンネル経由での帰宅となった。


20091109走行■コース 【本日の走行340.0Km】
自宅(8:10)→R463→R299→道の駅あしがくぼ→彩甲斐街道R140→雁坂トンネル→ロケ地→桃花橋ループ→たき川(昼飯)→R20→上野原→甲武トンネル→自宅




より大きな地図で 甲府盆地一周ツーリング を表示
posted by 2740GG at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ!御無沙汰してます。
南アルプス市のループ橋と見てびっくり。
そのすぐ下に私の桃畑があるのです(笑)
なにせ実家がそのすぐ近くなもので(;^_^A
あのループ橋、無駄もの事業としてフライデーにも取り上げられた物件です。
でも景色はなかなか良いんですよね~(;^_^A
Posted by kaz at 2009年11月11日 19:30
ご無沙汰しています、kazさん。

ソッ、そうでしたか。確かに左右の桃畑を見ながら上っていったのを記憶しています。 この様な最高なロケーションのところで育ったなんて羨ましい限りです。

>あのループ橋、無駄もの事業としてフライデーにも取り上げられた物件です。
ヤッパ、無駄事業ととり上げられていたんですね。しかし、四季をつうじてこの展望台から景色を眺めていたい、自分がいたりしています。
Posted by 2740GG at 2009年11月11日 23:04
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック