2010年01月28日

地元のご当地グルメ:その2

炎の赤焼きそば

炎の赤焼そば黒焼きそばに続き、地元にご当地グルメが誕生した。 最近黒焼きそばについては、かなりの店舗で提供しているようであるが、この赤焼そばが確認できているのは、この「ぼん天」と東村山市役所の地下食堂の2箇所のみである。 そして、市役所の地下食堂は変わっていて「黒焼きそば」の食券を買い、カウンターでオバチャンに渡すと「にしますか?にしますか?」聞かれる。 赤焼きそばを売っているのだが、その食券がなくこれが正式の注文方法のようである。

話を戻し、今回食べた「ぼん天」の炎の赤焼きそばだが、黒焼きそばと一緒で使われたソースは「ポールスター」製であり、どうやらJCOMの多摩6都市限定の番組で誕生したらしい。 価格は680円であったが、以前に貰った100円のクーポン券使用で、「味」「盛り」とも満足な580円であった。

posted by 2740GG at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック