2011年05月03日

チョイナビ取り付けマウントキット交換と衣替え

DrivTrax P50/P55 → DrivTrax P5



昨年の9月、ナビ用電源の不良から「DrivTrax P50/P55専用防滴取付マウントキット」に交換し、8ヶ月間(実質使用は4ヶ月間)となった今日、あまりの不便さから以前使用していた「DrivTrax P5専用バイク取付マウントキット」に戻した。
その不便さとは、“デカ過ぎでキーの抜き差しがやり辛い”“画面が乱反射して大変見辛い”‼




P5用のマウントキットには電源が付いていないため、前回取り外したミニUSB DC5V 変換パワーケーブルとセット交換となる。
これは昨年取り外し原因追及のため分解したときの画像であり、ドクロマークの電子パーツ(コンデンサーとコイルと思われる)が振動で半田が割れて、通電不良となっていた。
修理はいたって簡単。 剥がれた部分を再度半田付けし直し、振動防止策としてエポキシ系の接着剤でパーツを固定して終わり。





マウントキット交換作業終了。【オンマウス】
後は実走行して角度の微調整と、以前未着手だった雨対策を考えるだけ。





ついでに衣替え作業も終了。【オンマウス】
単にシールドを変えただけでだが、春と秋、年2回の恒例作業である。





メンテナンスの終了は洗車。

ラベル:チョイナビ
posted by 2740GG at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 月曜整備(TRANSALP:1号機) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック