2011年06月01日

予防整備

コンタクトベースCOMP



呆気なく終わった「ユーザー車検」帰宅後、先月の前整備の時に気が付いた、気になる部位の予防整備を行った。その場所とはハンドル右フルロック時、コンタクトベースハーネスの90°以上の折れ曲がりである。
その曲りたるや、なんとワイヤーカバーの固定用ビニールテープも剥がれるほど無理がかかった状態であった。(ふたつのチェックで発見)




作業としてはクランプ部分を一度解体し、1㍉厚の柔軟性があるプラスチックを専用のビニールテープで巻き込むだけ。 恒久対策でないのがチョット問題だが・・・





マッ! こんな感じだがとりあえず「良し」としよう。

posted by 2740GG at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 月曜整備(TRANSALP:1号機) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック