2011年09月20日

チョィナビ代替〔装着編〕

専用バイクマウントキット

IMG_2539.jpgIMG_2540.jpg

今日は、一昨日入手した「ユピテルバイクナビMCN43si」のバイクへの装着確認を行う。 構想としては、現在クラリオンドライブトラックスP50で使用しているドライブトラックスP5用マウントキットを利用して、MCN43siのクレードルを装着しようと考えていた。 多少の加工も想定し充電ドリルまで用意したが、ものの5分でどうやっても合わない事が判明する。💦 仕方なくサラッと諦めて、午後からドラ多摩へこの専用マウントキットの買い出しに行った。10.5K也😖




IMG_2541.jpgIMG_2543.jpg

<取付開始>
電源変換器やらハーネスのジャンクションブロックやら、今回は使用しない「レーダー、スピーカー、コントロールスイッチ」などの端子をまとめるために、アンダーカウル以外のカウルを取り外しての作業となる。





<作業終了> 【オンマウス】
撮影時のカメラ位置の違いで画像比較はできないが、前後位置は前チョィナビとほぼ同じ位置に、上下位置は若干高めに装着する。

あとは実際に走行して、本体の前後位置調整と角度調整を行うだけである。

≪現在までに分かった便利機能≫
・画面スクロールがスマートフォンと同じスライド方式
・地図上の文字が大きくできる
・10メートル表示まで拡大できる
・まっぷるコードが使える
・電源オフしてもBluetooth機器ペアリング情報が残っている
・Bluetooth機器でナビ音声が聞こえる(音楽聴いていても)
・GPSログが保存でき、専用ソフトで地図表示できる
・バイクにセットするとIGスイッチに電源が連動する
ラベル:チョイナビ
posted by 2740GG at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 月曜整備(TRANSALP:1号機) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり値段が倍近いだけあって機能的にもよろしいようですね。
X-RAIDのは
・電源オフしてもBluetooth機器ペアリング情報が残っている
・GPSログが保存でき、専用ソフトで地図表示できる
・バイクにセットするとIGスイッチに電源が連動する
が出来ません。(-_-;
休憩する度に、電源スイッチ入れてペアリングやり直して…面倒です。(-_-;
GPSデータも取れるならロガーはいらなくなるのかな?
Posted by 蒼海 at 2011年09月20日 21:05
こんばんは。

クラリオンP50もBluetoothのペアリングは面倒でした。
これだけでもクリアできれば、休憩後の再スタートもストレスなく行けそうです。

>GPSデータも取れるならロガーはいらなくなるのかな?
このHPで確認すると使用するアプリは、蒼海さんも使用している「HOLUX」の「HOLUX ezTour for Logger」と激似してるんです。今後の、課題という事で来月以降挑戦してみます。

http://www.yupiteru.co.jp/products/atlas/atlastour/use.html
Posted by 2740GG at 2011年09月20日 22:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック