2011年10月17日

クラッチケーブル交換(正規品)

純正品/正規品に勝るものはない… はず




昼飯前にひと仕事をこなす。【オンマウス】
代用品のクラッチケーブルで行っていたバイク活動も、今日で終わり。明日からは気持ちよく、正規品のクラッチケーブルを装着してバイク活動を再開できる。

≪ここまでの道のり≫
 ・トラブル発生編
 ・トラブルシュート編
 ・代用品入荷編
 ・代用品交換編
 ・正規品発注編
 ・正規品入荷編


IMG_2827.jpgIMG_2825.jpg

装着前に、改めて代用品で使っていたアフリカツインのクラッチケーブルと、正規品の寸法を比較する。
アウターは約80ミリ(前回確認済み)。インナーは約15ミリ予想通り若干長く、レシーバーの調整代がゼロになるはずであった。



IMG_2829.jpgケーブルをセッティングして、レーバーにタイコを入れると、やはりスンナリとは入らない。⤵
どうやっても、これ以上押しても、叩いても、プライヤーを使っても入らず、ケーブルが回転する位置に到達しない。 切断したケーブルも、今回入手したケーブルもタイコ×レバーの勘合具合は同様で、個体差ではないようである。💥

IMG_2830.jpg

そこで対策を💡‼
単に、タイコの回りの赤い樹脂をペーパーで削り、レバーのタイコの入る部分を丸く整形しただけ・・・ その結果、摺動は良好となり、これが原因で切断はないはずである。



IMG_2831.jpgレシーバー側のアジャスターもこの状態⤴😃

posted by 2740GG at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 月曜整備(TRANSALP:1号機) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック