2013年07月08日

北アルプス展望ツーリング

残念な絶景

IMG_5891.jpg鷹狩山・・・ ここは、活動予定リストにリストアップしており、いつか活動の途中のポイントとして訪問を予定していた所である。
そんな中、先月のバイク活動けんさんから昼飯処を含んだお勧めが。。。
という事で、本日のバイク活動は鷹狩山への単独ミッションで6時10分にスタートした。




IMG_5860.jpg東松山ICから関越道に高速イン。
自宅から約2時間でここ佐久平PAに到着する。
そして、缶コーヒーブレイクタイムとなる。



IMG_5864.jpgここは、R143の明通トンネル。
国道としては非常に狭く、暗い。



IMG_5867.jpgIMG_5868.jpg

ここは、ルート上に現れた差切峡の「ドの渕」。





そして、到着「鷹狩山展望台」【オンマウス】

IMG_5872.jpg
IMG_5877.jpg



ん~ン残念exclamation 【オンマウス】
北アルプスが顔を見せてくれない・・・バッド(下向き矢印) だから、これが自然。 人の予定にはけして合わせてくれない。 仕方ない・・・
展望台の一番上にはNHKのリモコンカメラが設置されていた。 きっと、ニュース等でこれから撮影された映像を見ているのだろう。 ちなみに、自分が展望台にいるあいだ雲台が回転し、撮影しているようであった。



IMG_5886.jpgIMG_5883.jpg


そして、けんさんに教えていただいた本日の昼飯処は、信濃大町駅近くの「昭和軒」という、とんかつ屋である。 【オンマウス】
到着は10時55分。 一番客で入店し、注文は高コスパの「ソースがけかつ丼」840円。
食べログの口コミとおりであり、大満足であった。  





次に向かったのは、ルート上にある「大王わさび農場」。 【オンマウス】
目的は3連水車前回心残りであったわさびソフト
IMG_5890.jpg
ソフトといえばライダーの定番行動のようであるが自分のバイク活動には当てはまらず、今回は好物のわさびなので乗っかってみる。 評価はバッド(下向き矢印) 少しでも鼻に抜けるツーンがあれば最高なのだが。



IMG_5892.jpgわさびソフトの後は、「涼」を求め松本からアザレラインでビーナスラインの扉峠へ。



IMG_5899.jpg

ビーナスライン定番の2段ヘアピンを通り、いつもの県道17号で韮崎を目指した。



IMG_5904.jpg韮崎からR20バイパスに入ると、なんと道路標示の温度が39℃・・・ 今回の活動から上下メッシュのウェアーにしたのだが、灼熱地獄には敵わずかなりの体力消耗となる。 今回はこれが限界たらーっ(汗)、勝沼ICから高速イン、談合坂SAで小休止後、一気に帰宅する。 





八王子ICから新青梅街道経由で自宅へGOexclamation【オンマウス】
しかし、東大和市付近から前方の雲行きが非常に怪しい・・・ 心配が真実になり、自宅2キロ手前から土砂降りになる。 あと5分持っていてくれれば、気持ちよくバイク活動が終了できたのにもうやだ〜(悲しい顔)



IMG_5907.jpg■コース 【本日の走行551.7Km】
自宅(6:10)→東松山IC→佐久南IC→鹿教湯温泉→鷹狩山→信濃大町(昼飯)→アザレライン→ビーナスライン→県道17号→勝沼IC→八王子IC→自宅




より大きな地図で 北アルプス展望ツーリング を表示
ラベル:かつ丼 絶景
posted by 2740GG at 19:13| Comment(4) | TrackBack(0) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鷹狩山とはまたマイナーな山へ、ようこそ。

何度も歩いて登りました。

北アルプスは残念でした。

またの機会に。
Posted by P.O.C.の会員 at 2013年07月11日 07:52
こんばんは。

非常に残念でした。 絶景を期待していただけに・・・

>何度も歩いて登りました。
長野県民の方にとっての、この鷹狩山って都民の高尾山なのでしょうか? 
また、初秋にでも再挑戦してみたいと思っています。
Posted by 2740GG at 2013年07月11日 21:35
こんばんわw
鷹狩から冠雪の頼りが届いたら、リベンジに向かいましょう。
昭和軒のカツ丼も、CP高いですねw
Posted by けん at 2013年07月15日 19:36
こんばんは。

まったくついていません。 過去の記録を確認しても、スッキリと北アルプスが見えた事がありません。 だから今回も‘5億円’は当選しないでしょう。 今の時期より、てっぺんが白くなったほうが更に絶景でしょうね。 
Posted by 2740GG at 2013年07月15日 21:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック