2013年08月16日

東北周遊ツーリング

約20年ぶりの4泊5日

第1日目(8月12日)

IMG_6065-1.jpg今年の夏季休暇は思いのほか、グッドチャンスが巡ってきた。 妻の実家への墓参りついでに、なんと4泊5日のバイク活動が実現する。
当然初日は、墓参りを予定しているためにスタートは4時30分。 いつもならあり得ない外環経由で、東北道入りし一気に青森を目指す。




IMG_5998.jpgIMG_5997.jpg

第一休憩ポイントは安達太良SA。 一緒に残念な朝食タイムとなる。



IMG_6000.jpgIMG_5999.jpg

続いて第二休憩ポイントは前沢SA。 ここではやはり前沢牛串。 いくらなんでも750円は・・・



IMG_6065-1.jpg第三休憩ポイントは岩手山SA。 ここは「最後の給油所」の看板に、脅されてピットインとなる。



IMG_6002.jpg

八戸JCTから百石道路方面に入ると、この調子。
絶対に採算は取れないと思われる車両通行量である。



IMG_6003.jpgIMG_6004.jpg

ここ下田百石ICで約8時間、700キロ弱にわたる高速走行も終了となる。



IMG_6006.jpgIMG_6007.jpg

墓参りのあと普通の大型スーパーに立ち寄ると、さすが青森十和田「活ホタテ」やら「ほや」を販売して、東北青森に来たことを実感する。



IMG_6005.jpg■第1日目【本日の走行719.3Km】
自宅(4:30)→外環和光IC→東北道→八戸道→下田百石IC→十和田実家(宿泊)




より大きな地図で 東北周遊ツーリング1日目 を表示





第2日目(8月13日)

IMG_6012.jpgさて、今日からが本格バイク活動の始まりである。 本日のミッションは下北半島と津軽半島の制覇。
朝食後、仏壇に線香を挙げ7時20分にスタートし、4号線を北上。
無料とは思えない「下北半島縦貫道路」を通り、一気に大間へ到着である。



IMG_6024.jpg
IMG_6015.jpg
IMG_6014.jpg
IMG_6019.jpg
IMG_6018.jpg

弁天島の向こう約20キロ先には「オーイ北海道~~」。
しばし、休憩といまだ未開拓の地「北海道」を眺め、時間を過ごす。 そして、時間は10時チョット過ぎ。 だけどここに来たらコイツを食らわなければ。




IMG_6028.jpgIMG_6025.jpg

唯一、この時間から営業しているここに入店。 【オンマウス】
この「魚喰いの大間んぞく」は、今年の初競りでなんと1億5540万円の値が付いたマグロを釣り上げた漁師の親父が店主だそうだ。(店内掲示物多数)
そして、注文は当然「マグロ丼」2800円。(金銭感覚崩壊) さすがブランドマグロ・・・ 
分かる人には分かるわかるんだろう。 自分は三崎で食べるマグロで満足だある。



IMG_6035.jpg

ここは下北の景勝地、仏ヶ浦。 時間があれば遊覧船で見学したいものである。



IMG_6042.jpg
IMG_6045.jpg

これもイベントという事でむつ湾フェリーを利用して、津軽半島にショートカット。



IMG_6051.jpgIMG_6050.jpg



そして、到着「龍飛崎」。 【オンマウス】
昭和時代、CB750Fボルドールに跨いでいた頃以来の再訪である。 当時、R339は小泊から未舗装で苦戦した記憶が蘇った。 しかし、階段国道の記憶はない。



IMG_6071.jpg

ここでも、約20キロ先に「オーイ北海道~~」。



IMG_6072.jpg

ここは、七つ滝。



IMG_6080.jpgIMG_6079.jpg

わさおに会いに行くも、お出かけ中。 この後、五所川原のビジホにチェックイン。





IMG_6081.jpg■第二日目【本日の走行363.2Km】
十和田実家(7:20)→大間崎(昼飯)→むつ湾フェリー→龍飛崎→十三湖→鯵ヶ沢→五所川原(宿泊)




より大きな地図で 東北周遊ツーリング2日目 を表示





第3日目(8月14日)

IMG_6086.jpgさて、3日目のミッションは世界自然遺産への訪問である。 それは、白神山地を走る「白神ライン」の走破で、ルート上には暗門滝が名所として挙げられるが、今回は時間の関係でパス。 ビジホを7時10分にスタートし、岩木山を横目に見ながら岩木川をさかのぼる。  



IMG_6088.jpgIMG_6089.jpg

アクアグリーンビレッジANMONから、いよいよ本格的な白神ラインが始まった。



IMG_6091.jpg

第一の峠に到着する。 ここは「津軽峠」、撒きたてのフカフカ砂利に苦戦しながらも、早朝による通行車両の少なさで無事到着する。

IMG_6095.jpg

200mほど歩き、マザーツリーを見学する。



自然の力をもらい、津軽峠を後にする。 【オンマウス】



IMG_6102.jpg



IMG_6103.jpg

第二の峠に到着。 ここは「天狗峠」で撮影後スルーする。



IMG_6105.jpg



IMG_6108.jpg

第三の峠に到着。 最後の峠は「一ッ森峠」、ここも撮影後スルーする。
この後、約44キロもの未舗装路を走破したが、自身の期待が大き過ぎたため、なんだか未消化な気持ち悪い状況であった。 続いて、十二湖方面へ左折する。 



IMG_6110.jpg


時間の関係からこの池とこの岸壁のみ見学。 【オンマウス】





本日の昼飯はこれ。 【オンマウス】
道の駅かづので比内地鶏の親子丼900円を食す。 割といい感じであった。



IMG_6120.jpgここから、遠野に向かって八幡平アスピーテラインと大規模林道なるものに向かう。

IMG_6125.jpg

気持ちよかったなあ、このアスピーテライン。 ところで、アスピーテって何だ。



IMG_6132.jpgIMG_6136.jpg
IMG_6137.jpgIMG_6138.jpg
IMG_6139.jpg

そて、大規模林道。 正式名称は「緑資源幹線林道八戸・川内線」と言うらしい。
情報源はNHKの「気ままに寄り道バイク旅」である。 

IMG_6142.jpg

更に南下し荒川高原線は、景観とともに気持ちよく走行できるお勧め林道であった。



IMG_6148.jpg
IMG_6143.jpg
IMG_6146.jpg
IMG_6147.jpg

そして、遠野に入る。 ここではやはり「カッパ淵」を見学。



IMG_6151.jpg本日の宿泊は遠野駅前のビジホ。 ここではお仲間を発見。 本日は、下道だけで500キロ超、よく頑張りました。



IMG_6152.jpg■コース 【本日の走行529.0Km】
五所川原(6:55)→白神ライン→八幡平アスピーテライン→大規模林道→遠野




より大きな地図で 東北周遊ツーリング3日目 を表示





第4日目(8月15日)

IMG_6163.jpgそして、4日目は震災後初めての被災地へ向かった。 すでに2年6ヶ月あまり経過しているものの、現実を目の当たりにし自然の恐ろしさと進まぬ復興を認識した。



IMG_6170.jpg
IMG_6174.jpg

R45には「過去の津波浸水区間」の標識が各所に立ち、道路沿いに現在でも数箇所で仮設住宅も確認でき、立ち寄った「奇跡の一本松」がある陸前高田と「第十八共徳丸」の残されていた気仙沼は、ただただ言葉を失うばかりであった。 犠牲となられた方、行方不明となっておられる方のご冥福を祈り、この地を後にした。



IMG_6180.jpg


そして、本日の昼飯は超有名な「おはぎ」 【オンマウス】
場所は秋保温泉の「さいち」である。 冠の「主婦の店」だけに本当に地元に密着したこじんまりとしたスーパーである。 大量購入するお客もいる中、2個入り210円とお茶のペットボトルを購入する。 当然イートインコーナーなど存在しておらず、外に置かれたコーラの長いすに座り食す。 人気の要因が一口で分かる、まさしく自分好みのおはぎであり、甘過ぎず実に程よい状態であった。



IMG_6183.jpg昼飯後は、蔵王エコーラインに向かった。
宮城側からのエコーラインは大渋滞となる。



何とか駐車場に到着すると、このお釜が待っていた。【オンマウス】

今回予定していた企画はこれですべて完達した。 さて、これからどうしようか・・・
とりあえず、米沢、喜多方方面に南下する。 喜多方手前で時間は5時を回っており、本日中の帰宅を諦めた。 そして、急遽会津坂下のビジホを確保してチェックイン。



IMG_6194.jpg■コース 【本日の走行448.1Km】
遠野(7:20)→釜石→大船渡→陸前高田→気仙沼→秋保温線(昼飯)→蔵王エコーライン→会津坂下




より大きな地図で 東北周遊ツーリング4日目 を表示





第5日目(8月16日)

IMG_6197.jpgそして、最終日。 このビジホ、朝食が盆休みと言う事で、近くのすきやでTKG200円の朝食となる。 この後、一気に関越小出ICから帰宅する。
4年前のバイク活動で立ち寄った金山の炭酸水を通過すると、「滝沢炭酸水」の看板を発見。

IMG_6198.jpg

当然立ち寄り、看板の数メートル下に斜面から透明な炭酸水が湧出していた。 口に含むと鉄錆味がまったくなく、微々炭酸が感じられた。



IMG_6208.jpg

ここは、田子倉湖。 朝早いのため、車両もほとんど走っておらず気持ちよく快走できた。



IMG_6212.jpg谷川岳丼目的で立ち寄ったが、メニューから消え去っていた。バッド(下向き矢印)



IMG_6213.jpgIMG_6214.jpg

三芳PAで最後の休憩。 2輪駐車場に異母兄弟が・・・ やはり横顔が・・・
昨日TVニュースで取り上げられていた「三芳酒種ゆずあんぱん」150円を、谷川岳PAでペットボトルに入れてきた天然水と一緒に食す。



IMG_6215.jpg

11時に無事帰着した。 5日間頑張った二号機と自分に乾杯exclamation×2



IMG_6226.jpg■コース 【本日の走行349.3Km】
会津坂下(5:45)→田子倉湖→小出IC→三芳PA→自宅



IMG_6224.jpg

全走行距離はトップメーター2周し、2409.1キロ




より大きな地図で 東北周遊ツーリング5日目 を表示
posted by 2740GG at 17:13| Comment(9) | TrackBack(0) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東北ツーリング満喫されたようでなによりです。
前に行った時、下北半島だけで津軽半島は「時間的に無理!」ってことで諦めたのですが、フェリーって手段が有ったんですね。気が付かなかった。^^;
ブログも一気に書き上げちゃったようで、1日づつぐらいでじっくり読ませて欲しかったです。^^;
Posted by 蒼海 at 2013年08月17日 08:10
おはようございます。

久々のロングツーリングで東北地方を堪能してきました。 むつ湾フェリーですが、便数が少なくタイミングが合わないとかなり危険なフェリーです。 自分が乗船した13時30分の次はなんと17時でした。 しかも13時30分はこのお盆の時期の臨時便のようで・・・ 

昨日は昼前に帰着したため、昼飯をかねて一人お疲れ会開催し、酒の勢い一気に書いちゃいました。
Posted by 2740GG at 2013年08月17日 09:52
こんばんは^^

東北は交通量が少ないので距離がのびてしまいますね!
ワタシも4泊5日で東北を周りましたが、下北までは・・・(^^;)

遠野のカッパ淵、気になりましたが自分がカッパ(を着て)だったので通り過ぎてしまいました。
Posted by may at 2013年08月18日 21:46
連投失礼します。

白神ライン、以前中型バイクで走破しましたが確かにあまり爽快感はないですね。
今回、未消化な気持ち悪い状況とはどんな状態でしたか?
舗装化が進んでいたとか・・・?
Posted by may at 2013年08月18日 21:56
おはようございます。

今回のバイク活動はお天気だけは恵まれ、遠野でのカッパ対決はできませんでした。 mayさんの活動した日程は東北地方に大雨が降った時でしたよね。 自分もこの関係で「白神ライン」「大規模林道」が通行止めになっていないか、ちょっと心配していました。

白神ラインですが現在でもしっかりと約44キロはダートでした。この面は期待通りでしたが、白神山地の山々の雄大な景色の中の走行を期待していたものですから・・・

帰宅後、振り返ると「人の手が入っていないからこそ“世界自然遺産”」と納得しました。。。
Posted by 2740GG at 2013年08月19日 08:37
下北半島まで行かれたんですね。
あそこは距離がかかるけどいいところです。
私も仏ヶ浦は時間とコンジョーがなかったんで、展望台から見ただけ(苦笑)
Posted by keiichi_w at 2013年08月20日 06:14
こんばんは。

記事にはしませんでしたが、この仏ヶ浦の展望台で「猿に注意」と書かれた看板があり、ここから南下して脇野沢に入ったところで「世界最北限のサル生息地」と掲げられていました。 ?????

ほんと、時間があれば遊覧船で見学したかった・・・
Posted by 2740GG at 2013年08月20日 22:48
こんばんわw
ハハハww 3000円のマグロ丼食いましたねww
同じ店に行きましたよww(笑)

トランザルプは、千の位が表示されないんですねww
V-Stromは、一周したら10000kmですw

久々の長期休養。満喫出来たようで何よりです。

Posted by けん at 2013年08月24日 21:58
おはようございます。

けんさんもあの店でマグロ丼でしたか。 自分は朝早かったもので、残念ながらこの店以外に選択肢はありませんでした。 マッ、記念という事でいっときました。

そう、千の位がないです。 そして、温度計も・・・・



Posted by 2740GG at 2013年08月25日 09:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック