2016年01月24日

クラッチ調整

予習

0151e49a.jpg長いバイク人生で‘カブ’の所有は初めてである。 通常のバイクはレバー側とレリーズ側でクラッチケーブルの遊び調整だけであるが、このカブについては右クランクケースにあるアジャストスクリューで定期的な調整が必要のようである。 そこで、現在のところ調整の必要性はないが、構造の確認とサービスマニュアルで予習を行う。 


KIMG00361.jpg
110ccとなったカブは発進用と変速用のふたつのクラッチがある「2段クラッチ」が採用されている。 これにより、変速ショックがリトルカブに比べかなり軽減されている。

サービスマニュアルで確認すると調整はいたって簡単。
“ロックナットを緩め、アジャストスクリュウを時計方向に1回転締め込み、その後反対方向に回転が硬くなるまで回す。 そこから45度時計方向に回しここでロック” 



KIMG00371.jpg
ついでにリトルカブのサービスマニュアルも確認する。
構造こそ違えど調整方法は同様であった。 とりあえず1万キロを超えたリトルカブの調整を行う予定。

タグ:クラッチ
posted by 2740GG at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 月曜整備(CR0SS CUB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432948187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック