2016年03月07日

疑問

割ピン

パーツリストRブレーキ.jpgゆるみ止めナットが数ある中、クロスカブには1ヶ所だけ「スプリットピン」通称割ピンが使用されている。 そこは、リヤブレーキパネル×リヤブレーキストッパーアームのセットボルト部分である。 何故ココにいやココだけに割ピンが必要なのか?
遠い昔、フロント/リヤアクスルはキャッスルナットが使われていて、当たり前のように割ピンが使われており、タイヤ脱着時には交換を余儀なくされていた。



ブレーキング時の力のかかり具合やらチェーン調整時の動き等、色々と考えても答えが見つからない。 そして、疑問が払拭しない中、先々週のタイヤローテーション時に再使用不可となった割ピンの変わりに、本日スナップピン通称Rピンを割ピンの代用品として購入した。



購入は初めて訪問したジョイフル本田。 【オンマウス】
ココは凄い、このRピン1本(14円)から購入でき驚きの一言。。。

起こっては欲しくないが出先でのタイヤ脱着も、多少の時短となるのである。

posted by 2740GG at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 月曜整備(CR0SS CUB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434674842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック