2016年06月03日

懐かしい思い出

単行本

IMG_2776.jpg大好きだった漫画家、故望月三起也と桑田次郎。 先々月亡くなった望月三起也の“ワイルド7”は当時すっかりハマリ、気が付けば単行本全巻が揃っていた。 さらに遡ること数年、桑田次郎の漫画に心酔しており8マンから始まり、超犬リープ、エリートと推移した。 そして、この事を「缶コーヒーさん」にコメントしたところ、記事にしていただいた。 

思い立った時が行動の時! 早速、屋根裏部屋に上り宝箱をオープンしてみた。 まずは色々なカテゴリーのシングルレコードと、当時大ファンであった‘シルビーバルタン’の大量のLPレコード。 そして、佐賀伊万里梨の段ボール箱に収納された単行本。



IMG_2777.jpg
そして、オープン。 まず目に入ったのは「新ワイルド7」8巻。
その下には、「ワイルド7」全48巻が隙間なく収納されていた。



IMG_2780.jpg
そして、ありました
エリート3巻 記憶では4巻だったが、出てきたのは3巻のみ・・・ これで揃っているのかは現在不明だが、とりあえず手元にあった事に安堵した。



第3巻は昭和43年4月30日の初版発行。 【オンマウス】

しかし、残念なのは「超犬リープ」がない・・・ 絶対に当時はあったと思われるのに

posted by 2740GG at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
望月三起也と桑田次郎。
私も、どちらも大好きです。
お二人とも、メカの描き込みが、たまらないですよね。

ワイルド7や、ひみつ探偵JAは、今でも全巻揃いがあります(^^)
桑田次郎は、友人に見せて貰っていたので、手元になくて残念です。

あの頃は、おこずかいも限られていましたからね。
漫画雑誌もコミックスも、友だちと「見せっこ」が当たり前でしたっけ。
Posted by 缶コーヒー at 2016年06月06日 21:47
望月氏の訃報は残念でした。

ワイルド7Rの二巻は購入しました。

前作も、また読み直したいです。
Posted by P.O.C.会員 at 2016年06月07日 04:58
こんばんは。

少年時代、特に小学生の時は近所にあった「貸本屋」が自分の本棚でした。 この貸本屋で色々なコミックスを読破していました。

>缶コーヒーさん
>
>望月三起也と桑田次郎。
>私も、どちらも大好きです。
>お二人とも、メカの描き込みが、たまらないですよね。
>
>ワイルド7や、ひみつ探偵JAは、今でも全巻揃いがあります(^^)
>桑田次郎は、友人に見せて貰っていたので、手元になくて残念です。
>
>あの頃は、おこずかいも限られていましたからね。
>漫画雑誌もコミックスも、友だちと「見せっこ」が当たり前でしたっけ。
Posted by 2740GG at 2016年06月07日 19:07
こんばんは。

望月三起也氏の訃報は、自分もかなり影響された一人だったので、かなりショックを受けました。

>P.O.C.会員さん
>
>望月氏の訃報は残念でした。
>
>ワイルド7Rの二巻は購入しました。
>
>前作も、また読み直したいです。
Posted by 2740GG at 2016年06月07日 19:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438592539
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック