2016年10月18日

東京見物ツーリング

渦中なスポット巡り
IMG_3418.jpg今日は、休暇に入り3度目のバイク活動に出かける。 本日、主な目的は5年間愛用してきた春秋シーズンのグローブがくたびれ・左親指に穴が開いたために、ラフロ川崎店への新調ツーリングである。 当然これだけでは物足りずに、今何かと話題にのっている都内のスポット訪問と、破格の丼での昼飯も追加した。 出発は昼飯タイミングを見計らい、8時45分にスタートした。


IMG_3366.jpg   IMG_3367.jpg
最初に立ち寄ったところは、まさに今、最も渦中なスポット。 「彩湖」



2020東京オリンピックのボート会場問題。 【オンマウス】
当初、「海の森水上競技場」と決まっていたはずなのに何故だか、「工事費用の問題」「劣悪な自然環境」「五輪後の活用不安」等、様々な問題から埼玉県の「彩湖」、宮城県の「長沼ボート場」、はたまた今日になっては韓国の「忠州市ボート場」が候補となったかの報道がなされている。
(日本で行うオリンピックなのだから韓国はないと思う)
総工費こそ「海の森水上競技場」よりかかるようだが、諸々のことを考えると自分としてはこの「彩湖」に1票を投じたい。

続いては着工前の「海の森水上競技場」方面へ向かう。 





今更ながらこんなとこにも立ち寄る。 【オンマウス】
22年12月(開業前)に寄ったことはあったが、開業から4年経ち混雑も緩和されてきただろうと思い、初訪問となる。

IMG_3374.jpg   IMG_3375.jpg
嬉しいことにバイク専用駐車場があり2時間までは駐車無料である。

IMG_3377.jpg
さすが平日、ほぼ待ち時間なしに当日券「展望デッキ」2,060円を入手でき、展望シャトル「桜の空」で350mの天空へ到着した。

IMG_3383.jpg
IMG_3381.jpg
IMG_3379.jpg
IMG_3378.jpg
IMG_3380.jpg
生まれて初めて人工物で350mの体験。
よかった、雲があまりなく2,060円が無駄にならなかった。

IMG_3386.jpg
フロア340のガラス床。

IMG_3387.jpg

初めての東京スカイツリーに満足し、次の目的へ向かった。



IMG_3391.jpg
そこは先日6時台の情報番組で紹介されていた木場の「幾の家」。 

IMG_3388.jpg
破格の値段で大ぶりの穴子が2枚のった「穴子天丼」400円が番組内で取り上げられており、興味をそそられたのである。 11時40分に到着するもすでに狭い店内には6人ほど並んでおり、人気のほどを知る事が出来た。 店内に入るまではTVで観た「穴子天丼」と決めていたが、掲げられていたメニューで心が揺れる。 初志貫徹! 「穴子天丼」を受け取り、昼食スポットへ向かった。



IMG_3392.jpg   IMG_3398.jpg

IMG_3399.jpg
そこはゲートブリッジの眼下となる「若洲海浜公園」。

IMG_3395.jpg
そして、オープン。 あまりの旨そうな穴子天に魅了され、箸をつけてしまった。
3口ほど食べた後に気づく・・・ 物撮りをすっかり忘れたのである。。。
値段が値段だけにあまり期待はしていなかったが、なんと旨い! そして、思うほど脂っこくなく、どちらかというとアッサリしている。 もっと近くなら全メニューの制覇をしたいところである。

IMG_3401.jpg
食後は次のスポットへ向かうために、身支度していると汗が噴き出してくる。 温度計に切り替え確認すると、なんと26.5℃ 10月中旬なのにこの気温、暑いはずである。

IMG_3402.jpg
そして、ゲートブリッジを渡り「海の森水上競技場」が建設される「中央防波堤」に向かう。
エッ! “原付・自転車は通行禁止”
仕方なく、お台場青海側から向かうことにする。



IMG_3403.jpg
IMG_3404.jpg
エッ! ココも“原付・自転車は通行禁止”

「中央防波堤」に入るルートは3か所あり、残すは城南島からのアクセスとなるわけだが、以前からこのルートの‘原付通行禁止’は分かっていた。

よって、ここ「中央防波堤」への原付・自転車・歩行での進入は不可能と結論が出たのであった。
万一ここにオリンピック会場ができ、ボートレースが開催されるのであれば 要改善 である。



IMG_3406.jpg
IMG_3407.jpg
続いては豊洲新市場盛土問題で騒ぎになっている「築地移転問題」
現在も環状2号の橋を含む工事が進んでいるが、責任問題を含んだ解決はいつになる事やら・・・

IMG_3412.jpg
IMG_3408.jpg
ここは手狭となり移転待ちの築地市場。
案の定、場内・場外とも大変混雑しており、「食の安全の確保」が出来次第、早期の移転が望ましいのである。



IMG_3413.jpg
IMG_3414.jpg
本日最後の目的へ。 ラフ&ロード川崎店で春秋シーズン用のグローブを購入する。
選んだ商品は「RR8020コンフォートナックルグローブ(トレッド)」税抜5,480円。
この後、多摩川を遡上して帰宅した。



IMG_3420.jpg
■コース 【本日の走行143.1Km】
自宅(8:45)→彩湖→東京スカイツリー→木場→若洲海浜公園(昼飯)→青海→豊洲新市場→築地市場→川崎→自宅




posted by 2740GG at 16:43| Comment(9) | TrackBack(0) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
社会派ツーリングお疲れさまでした。
東京スカイツリーに2輪専用駐輪場があるとは!
これはバイクで行かなきゃいかんでしょう!
遠いけど‥‥。
Posted by keiichi_w at 2016年10月20日 06:12
おはようございます。

何かと理由を付けてバイク活動を行っている次第です。 いかがですか、東京タワーとセットでお越しになられては。
しかし、見学料の高いことには驚かされ、450mまで上がるとなんと3140円になるため、今回はパスしました。
その分、昼飯は安くすましましたが。

>keiichi_wさん
>
>社会派ツーリングお疲れさまでした。
>東京スカイツリーに2輪専用駐輪場があるとは!
>これはバイクで行かなきゃいかんでしょう!
>遠いけど‥‥。
Posted by 2740GG at 2016年10月20日 10:43
こんばんは 2740GGさん
トランザルプ700乗りの、さんぺいです。
依然ブログに訪問して頂いた者です。
トランザルプ700のパーツリストを検索してたら2740GGさんの過去のブログにトランザルプ700のパーツリストの情報が貼ってあるのを見つけたのですが、まだパーツリストのファイルは有りますか? 
Posted by さんぺい at 2016年10月22日 20:43
こんばんは~^^

ワタシも春秋はラフロのメッシュグローブを長年愛用しています。
いろいろ試してみましたが一番しっくりくるようです。

東京ゲートブリッジ、原二なら通れるのでは?
というか通っちゃいましたけど(^^;)
Posted by may at 2016年10月22日 21:07
おはようございます。

2013年06月02日の「パーツリスト“09年モデル”」のことでしょうか?
http://v-twin52.seesaa.net/article/387781886.html

この事でしたら今でも持っていますので、進呈できますよ。
ただし、記事にも書いてありますがファイル容量2.7MBもあるので、受信可能なメールアドレスをご連絡ください。

>さんぺいさん
>
>こんばんは 2740GGさん
>トランザルプ700乗りの、さんぺいです。
>依然ブログに訪問して頂いた者です。
>トランザルプ700のパーツリストを検索してたら2740GGさんの過去のブログにトランザルプ700のパーツリストの情報が貼ってあるのを見つけたのですが、まだパーツリストのファイルは有りますか? 
>
Posted by 2740GG at 2016年10月23日 08:54
おはようございます。
ファイルまだお持ちで良かったです。
お手数ですが宜しくお願いします。
********@gmail.comに送信の程、お願いします。
さんぺい


Posted by さんぺい at 2016年10月23日 09:50
おはようございます。

不勉強でした。 詳しくは本日日記で(笑)

>mayさん
>
>こんばんは~^^
>
>ワタシも春秋はラフロのメッシュグローブを長年愛用しています。
>いろいろ試してみましたが一番しっくりくるようです。
>
>東京ゲートブリッジ、原二なら通れるのでは?
>というか通っちゃいましたけど(^^;)
Posted by 2740GG at 2016年10月23日 10:39
こんにちは。

今送信しましたのでご確認ください。

>さんぺいさん
>
>おはようございます。
>ファイルまだお持ちで良かったです。
>お手数ですが宜しくお願いします。
>********@gmail.comに送信の程、お願いします。
>さんぺい
>
>
>
Posted by 2740GG at 2016年10月23日 10:55
ありがとうございます!
先程、無事に受信してファイル開けました。
助かりました。故障すると情報が少ないバイクなので大変です(^^) これからもブログ楽しみにしてます。ありがとうございました。
Posted by さんぺい at 2016年10月23日 11:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック