2017年12月02日

東京ベイサイドツーリング

負の遺産と戦争遺構

IMG_45671.jpg目覚めると空は青空、まさしくバイク日和である。 しかし、時刻は既に9時を回っているので、いつものバイク活動は不可能である。 よって本日は以前より行ってみたかった夢の島の「第5福竜丸展示館」に向かうことにした。 これだけでは物足りないため、温存していた各スポットもプラスする。 出発は9時35分、第一目的地の台東区三筋に向けてスタートした。



IMG_4519.jpg

IMG_4521.jpg

IMG_4522.jpg

かなり前から見学したかった、第二次世界大戦の歴史の生き証人「辛うじて焼け残った電柱」。 昭和20年3月10日にB29による東京大空襲の時に、何とか耐え忍んだ電柱である。 しかし、当然ではあるがこれはレプリカで本物ではないのである。



IMG_4523.jpgそして、本日の昼飯は昨年の東京見物ツーリングで味を占めた「幾の家」に直行する。 前回とは違いお客はおらず、あの穴子丼を忘れられずに注文は「穴子丼」400円。 注文後、3点盛天丼にすればよかったとの思いがあったが、後に判明これが正解であった。



IMG_4525.jpg
次に向かったのは本日のメインイベント「第5福竜丸展示館」である。 まず驚いたのが、ここは国立ではなく都立だった事。 当然、自分の生誕以前のことではあるが、日本人としては忘れてはいけない事案であり、いつかは訪問したいと考えていた。

IMG_4540.jpg
IMG_4532.jpg 
IMG_4527.jpg
IMG_4536.jpg
昭和29年3月1日にビキニ環礁で、アメリカが行った水爆実験によって被害を受けたマグロ漁船「第5福竜丸」。 知識として分かってはいたが、実物を目の当たりにすると深い思いが湧いてくる。 一時期、東京のゴミ捨場であるこの夢の島に放置されていて、その後この展示館が昭和51年に設立した。

IMG_4538.jpg 
外展示にはエンジンも展示してあり、第5福竜丸から移設され30年間熊野灘沖の海中で時を止めていて、平成8年にここに展示されたとの事である。



IMG_4541.jpg昼飯は「若洲公園」で自販機でお茶を購入し、まったりと過ごす。

IMG_4542.jpg
IMG_4543.jpg
IMG_4544.jpg
400円とは思えないCP。 折りたたまないと収まらない穴子天、見た目よりあっさりしていてすんなりと胃袋に収まった。



オッ! アナゴが 【オンマウス】
公園内にあった「若洲海浜公園の魚類」には、まさしく今2匹たいらげたアナゴが・・・

IMG_4551.jpg
前回登れなかった「若洲昇降タワー」でゲートブリッジに。 ダメだ、この歳になると高さが・・・ 即、退散する。



IMG_4553.jpg
ゲートブリッジ西側から。 べた踏み坂
この後、お台場散策およびレインボーブリッジ往復の観光(?)を行い、次の目的地に向かった。



IMG_4555.jpg
ここは、調布飛行場。 そして、これは昭和16年に竣工された「調布飛行場門柱」である。 こちら側の文字は読む事が出来るが、一方反対側は文字墓解読できず。



IMG_4556.jpg
IMG_4558.jpg
調布飛行場門柱の先、調布航空公園で掩体壕を見学する。 こちらは「掩体壕 大沢1号」当時格納されていた「飛燕」が描かれている。 飛燕・・・知覧特攻平和会館で実機を見た記憶が蘇ってきた。

IMG_4559.jpg
約1キロ北に位置する「掩体壕 大沢2号」。 こちらはこの通り、味気のない状態。



IMG_4561.jpg
IMG_4566.jpg
IMG_4565.jpg
本日最後の訪問地「旧陸軍調布飛行場白糸台掩体壕」。 これで調布飛行場関連で現存している掩体壕を、全て確認したことになる。 ここは、特別に公園となっているわけでもなく、広場として近隣の方が利用しているようであった。



IMG_4568.jpg
■コース 【本日の走行125.3Km】
自宅(9:35)→台東区三筋町→若洲海浜公園(昼飯)→ゲートブリッジ→お台場→レインボーブリッジ→調布飛行場近辺→自宅




posted by 2740GG at 18:14| Comment(0) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください