2017年12月10日

奥多摩むかしみちツーリング

そして東京最終集落へ

IMG_4575.jpg関東地方はここ数日大変冷え込んでいる。 休日であっても寒い朝 早起きはこの歳でも億劫で、なんと本日は起床は9時。 さて、本日のバイク活動はどうしようかと思案する。 朝食後、PCを起動してグーグルマップを開き、頭の片隅にある活動予定バンクから適当な所を検索する。 そして、決定「奥多摩むかしみち」した。 グズグズしていた結果、出発はなんと11時20分となり一路新青梅街道を西進する。



IMG_4571.jpg
まず、到着したのはJR奥多摩駅。 この辺りの青梅街道をかなりの頻度で利用するが、ここに来るのは久々である。 ここから、奥多摩むかしみちのスタートである。





むかしみち入口は青梅街道は奥多摩駅入口信号から二つ目の信号。 【オンマウス】
交差点角にむかしみちの説明板があり、まずはここで予習。 この説明板によると遊歩道では無い様なので、目の前の「羽黒坂」へGO!



IMG_4576.jpg
IMG_4577.jpg
羽黒坂はかなりの急坂であり、途中の説明板を読むのも一苦労。 こんな時はパーキングブレーキが大活躍する。 説明板によると“木炭運びの人々が苦労した”との事である。



IMG_4578.jpg
IMG_4579.jpg
羽黒坂を上り切ると舗装が切れ遊歩道ぽっくなってきたが、躊躇なく進む。
すると水根貨物線の線路が出現し、右を見るとグーグルマップにも標記のある「第三氷川トンネル」を確認。 向こうの光が見えるが、今回はここでUターンする。

IMG_4581.jpg
IMG_4582.jpg
トンネルの反対側に目をやると、4本の線路が残っている。 何故に4本なのかは不明だが、外側2本の軌間は標準軌のようである。 帰宅後、グーグル先生に聞くと「国鉄C11形蒸気機関車」が走っていたらしい。



IMG_4583.jpg
更に進むと、道はほぼ遊歩道。 “こりゃまずいぞ”と心の中に不安が過ってきた。
不安的中! 最後の最後、舗装路に出るところで2段ステア-が待ち構えていた。 トライアル車・オフロード車なら何て事はないが・・・ しかし、「昔取った杵柄」減点3でクリアした。



IMG_4585.jpg
IMG_4584.jpg
奥多摩町の天然記念物である「さいかちぎのサイカチ」。



IMG_4587.jpg
名称不明の滝を見たり、

IMG_4586.jpg
頭の上の高架を見たりし、次のスポットへ到着する。



IMG_4588.jpg
IMG_4590.jpg
IMG_4592.jpg
特に神社に興味をそそられた訳ではないが、それに付随した東京都の天然記念物「白髪大岩」を見学に石段を上る。 「長さ20メートル、高さ5メートルにわたり、多摩川による浸食で露呈した三世紀石灰岩」と説明板に書かれていた。 自然の凄さを再確認できる大岩である。



IMG_4596.jpg
IMG_4595.jpg
IMG_4597.jpg
白髪神社からほど近い道路横に存在する「弁慶の腕ぬき岩」。 3メートルの大岩の下部に腕が入るほどの穴が開いてるところから命名されたようである。



IMG_4599.jpg
IMG_4598.jpg
IMG_4600.jpg
続いてのスポットは「耳神様」。 穴が開いた小石を供えると、耳の病気が治るという御利益がある言い伝えられているそうである。



IMG_4601.jpg
IMG_4602.jpg
IMG_4603.jpg
次は青梅街道から合流点にある「いろは楓」。 すでに道路上に山盛りに落葉しており寂しい感じであるが、落葉の量から推察するにつけ、紅葉具合が想像できた。 来年は、その時期に立ち寄ってみたい。 そして、後ろを振り返るとかなり上に水根貨物線最大と思われる高架が確認できる。



IMG_4606.jpg
IMG_4609.jpg
これは「しだくら橋」。 現在は普通のつり橋だが、昔は杉の丸太で作られた橋だったようだ。



IMG_4613.jpg
IMG_4612.jpg
「馬の水のみ場」昔はこんな狭いところに茶屋が3軒あったそうだ。



IMG_4616.jpg
IMG_4614.jpg
最後は「むし歯地蔵尊」。 煎った大豆を供え、痛みが引くのを祈ったそうだ。



IMG_4618.jpg
さすがにここからの進入は不可能と思われ、パスして次に向かった。



IMG_4619.jpg
水根駅跡をすぎた分岐点から、奥多摩むかしみち最後のスポットへ。



IMG_4621.jpg


奥多摩展望所である。 【オンマウス】
電線が無ければ最高の眺めなのだけど、この角度からの奥多摩湖は新鮮であった。 これで奥多摩むかしみちの実走は終了した。



IMG_4624.jpg
IMG_4625.jpg
更に奥多摩の奥に分け入る。 蜂谷川を遡り東京都の最終集落を見に行く。 ここは奥多摩町留浦の奥地区の集落である。 ここでの生活は並大抵のものでない事は、ここまでの道程で簡単に想像できた。

IMG_4627.jpg
そして、東京都の最終の位置に存在すると思われる(?)自販機で缶コーヒータイムとなる。

IMG_4628.jpg
小休止しながら道路向かいの畑に目をやると、完全に霜だらけであった。



IMG_4633.jpg
IMG_4631.jpg
IMG_4632.jpg
そして、本日の昼飯は・・・ この地には適当なところがない・・・
思いついたのが「のんきや」。 入店後、「手打中華そば(醤油)」700円を注文し、窓の外の奥多摩湖を眺め待つ事約10分弱、一気にたいらげ帰路に着いた。



IMG_4637.jpg
■コース 【本日の走行132.9Km】
自宅(11:20)→奥多摩駅→奥多摩むかしみち→奥多摩町留浦地区→奥多摩湖畔(昼食)→自宅





posted by 2740GG at 18:18| Comment(4) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おじゃまします

むかしみち 走破 お疲れさまです

バイクで 行けちゃうんですね
知りませんでした
かなり細い道みたいなので
紅葉時期の土日とかは 人が たくさん
歩いていると まずいのかな~

「のんきや」も懐かしい 久しく訪問していないです

Posted by ロッソ at 2017年12月13日 16:23
こんばんは。

次にまたバイクで進入するかと聞かれれば「行きません」と答える程、ほぼ遊歩道でした。 やむにやまれず突き進んでしまったのが本音です。

自分も「のんきや」への訪問は久々でした。 半日は鼻腔からのんきや臭が消えませんよね。

>ロッソさん
>
>おじゃまします
>
>むかしみち 走破 お疲れさまです
>
>バイクで 行けちゃうんですね
>知りませんでした
>かなり細い道みたいなので
>紅葉時期の土日とかは 人が たくさん
>歩いていると まずいのかな~
>
>「のんきや」も懐かしい 久しく訪問していないです
>
>
Posted by 2740GG at 2017年12月14日 01:15
奥多摩行きたいなあ。
Posted by keiichi_w at 2017年12月16日 05:47
こんばんは。

いいですよ奥多摩は。
都民ライダーは奥多摩なくして、バイク活動が出来ません。 そして、特に多摩のライダーは奥多摩でライダーに育てれらたと言っても過言ではありません。 

>keiichi_wさん
>
>奥多摩行きたいなあ。
Posted by 2740GG at 2017年12月16日 18:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください