2018年05月20日

【リトルカブ】リトルカブ増量[1.6倍]計画 №3

換装実行~試運転

IMG_5225.jpg本日、いよいよ1.6倍増量への実行日となる。 朝食後、暑くなる前に終了したいと考え、8時から2740GG二輪整備工場で作業をスタートした。 まずは、作業中のオイル垂れを危惧し、床に懐かしい「イプ―」のレジャーシートで養生する。 そして、レッグシールドを手始めに、サクサクと諸々の取外し作業を行っていく。 

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ  2018年から参加


IMG_5226.jpg
そして、圧縮上死点に合わせるため左クランクケースカバーを取外す・・・
「エッ!ステップが邪魔して外れない」 前回、このカバーを脱着したのはドライブスプロケットを15Tにした時だが、その時には問題なかったはず。
そういえば、あれから数度サイドスタンドで停車中に倒したことがある。 ・・・要は、曲がっていたと言う事なのだ。 この部分は、息子が岐阜時代に大転倒したのが原因で原形が分からないほど変形させ、帰省後ステップバーを強制的に修正していたが、その部分が弱く・柔らかくなってしまった様である。  



IMG_5228.jpg
エアクリーナーケースは作業性を考え取外し、キャブレターについては配管・ケーブル等 一切外さずに退避させる。



IMG_5234.jpg昨日、購入した「黒ゴムパイプハンマー」の出番もなく、アッサリと分離してしまったヘッド部分。 予想とは反し燃焼室のカーボンもあまり付着しておらず、パーツクリーナーでクリーニングしただけで綺麗になってしまった。



IMG_5236.jpg
IMG_5237.jpg
IMG_5238.jpg
IMG_5240.jpg
シリンダーの取外しは「黒ゴムパイプハンマー」が活躍し、スルリと分離する。 そして、可愛いピストンもコンロッドからチョイチョイと外し、シリンダーと共にリトルカブから永久にオサラバとなった。

ここまでのばらし作業は、なんと45分。

さすが、世界のカブ! 最高の作業性である。 




IMG_5242.jpg
IMG_5241.jpg
定番の新旧比較。 イメージ、大人と子供くらいの差であり、効果は期待大。



IMG_5243.jpg
ガスケット剝しから組付けへ移行し、約1時間弱でエンジンをかけられる状態までになる。 オイル回路にオイルを充填するべく、空キックを数回する。 そして、体感・・・シリンダーヘッド無加工のボアアップを。
『なんと、キックが思いのほか重い!』 

そして、エンジンは難なくスタートする。 しかし、アイドル回転が保持しないので、スロットルスクリュでアイドル回転を若干高くし、放置。 15分程経ったところでオイル洩れ等を確認し、問題ないためエアクリーナケースを取り付ける。



IMG_5244.jpg
ボアアップ前のキャブセッティングで問題なくエンジンが回転しているが、念のためにニードルジェットを5段目の真ん中に変更してみる。

 ・上から3段目 → エンジンのかかりも悪く、アイドリングは保持できない。
 ・上から2段目 → 何とかアイドリングは保持できるが、アクセルの反応はNG。

結果、元の一番薄い上から1段目に戻して、エアースクリューの調整とアイドル回転の調整で、今回はここまででキャブ調整は終了。



IMG_5245.jpg
レッグシールドを取外したついでに、一昨日判明した“ホーンの不調”の点検・修理を行う。  端子にはホーンボタンを押すと、ちゃんと12ボルトが出力しているが、鳴らないのである。

IMG_5246.jpg
さすが、平成9年式。 調整用のスクリュウが付いている。 弄っても無反応であり故障探求の結果、ホーン本体と不良と判定した。 さてと、新品を買うのもなんだし、どうしましょうか・・・ よって、今回は保留とした。  



IMG_5249.jpg
最後にエンジンオイル量のチェックをする。 やはり、目盛半分くらい消耗しておりフルレベルまで補充した。



IMG_5248.jpg
これで本日の作業はすべて終了した。

IMG_5229.jpgこの結果、49ccから750cc


IMG_5247.jpg





そして、試運転へ出かける。 【オンマウス】
自分へのご褒美昼飯もかねて約30キロ走行した。 帰宅後、再度オイル洩れの確認と各部のチェックを行い、スパークプラグの焼け状態も確認する。

IMG_52271.jpg
ボアアップ前。 良好とはいえないが、問題のない程度であった。

IMG_52531.jpg
そして、約30キロ走行後。
速度は50Km/hに抑えて走行した結果、焼け方はこの通り良好であった。

ただし、中速時のレスポンスが納得いかないのと、二次減速比の関係から「1速」が全く使い物にならなくなり、幻の4速を数度となくチェンジする自分がいたのである。

要、二次減速比変更!

posted by 2740GG at 10:57| Comment(2) | 月曜整備(Little CUB) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボアアップ作業、お疲れ様です。

過去、私もモンキーカスタムに凝っていたので、懐かしく拝見させていただきました。
キャブの調整は、走らにゃ~わからんし、2次減速比の計算をしながら、前後スプロケットの選定とチェーン張って、また走らにゃ~いかんし、、、

なんでも、バランスをとるのが一番難しいと思います。
Posted by @まさ at 2018年05月23日 05:48
おはようございます。

まささんも以前モンキーオーナーだったんですね。
このエンジンは手軽に悪戯でき、大変楽しいエンジンですよね。

しかし、排気量が排気量だけにセッティングが出るまで、一苦労しそうです。 まっ!それはそれで楽しいのでが。

次の休みに色々変更し、試運転し、最適なところを見つけようと思っています。

>@まささん
>
>ボアアップ作業、お疲れ様です。
>
>過去、私もモンキーカスタムに凝っていたので、懐かしく拝見させていただきました。
>キャブの調整は、走らにゃ~わからんし、2次減速比の計算をしながら、前後スプロケットの選定とチェーン張って、また走らにゃ~いかんし、、、
>
>なんでも、バランスをとるのが一番難しいと思います。
>
Posted by 2740GG at 2018年05月23日 08:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください