2018年05月24日

【リトルカブ】自動車損害賠償責任保険

リトルカブ更新

IMG_52611.jpg息子が岐阜でリトルカブを中古で購入してから、5年が経過した。 これに伴い、5年間加入していた「自賠責」も同時に満期となり、運転者の義務なので再加入する。 最近は便利な事にコンビニでも可能のようだが、ある事から以前勤めていた保険代理店で加入した。 そして、先週自賠責ステッカー(保険標章)が届いたと連絡があったが、お願いして郵送してもらい本日到着した。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ  2018年から参加


無題.jpg
そして、この保険料だが不思議でしょうがない。 加入が長期になるほどお得な仕組みとなっているのだが、あまりにも格差が大きすぎると思う。 当然、まだまだ乗る予定なので5年に加入したのだが、1年の7,500円を基準に考えると約55%もお得。
要するに、なんと嬉しい半値以下!

そして、ある事とは、保険料16,990円に対してカードのポイントを還元して、1年加入7,500円を大きく下回る、実質4,060円で加入出来るからである。



IMG_5259.jpg
郵送された中身を確認すると、

●証明書の携行義務
 お車を運転するときは、この証明書を必ず携行してください。
●保険標章(ステッカー)の表示
 軽二輪自動車・原動機自転車などには、保険標章の表示が必要です。

と、ビニール袋に印刷されている。

ある程度の常識ではあるが、改めて確認すると「自動車損害賠償保障法」の第九条の三に、“検査対象外軽自動車、原動機付自転車及び締約国登録自動車は、国土交通省令で定めるところにより、保険標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。”とある。

となると、“全ての代理店が、その月から5年に渡る全ての自賠責ステッカー(保険標章)を用意していなければ、犯罪者を誘発してしまう事になるのか?”



010_1.jpg

現在、オリジナルナンバープレートが各地方自治体で発行されているが、自賠責ステッカー(保険標章)の貼付する位置が・・・
※このナンバープレ―トは以前現認してた福島県須賀川市のもの。 カッコいい!
ちなみに東村山はヒガッシーだったのである。

この様な色々な柄が入った「ご当地ナンバー」に、この自賠責ステッカー(保険標章)は難しいと思っていたら、こんなものが。
w699x0000000xa0.jpgなんでも商品になる現在、「自賠責ステッカープレート」なるものを発見した。
1,820円が高いか安いかは価値観の違いが大きいが、自分には不必要である。

posted by 2740GG at 19:16| Comment(0) | 月曜整備(Little CUB) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください