2018年06月21日

【リトルカブ】点火時期考察

固定よりも進角

holahola_amigos-img1024x768-1527814213qbajkm1717.jpg前後サスのセッティングもリヤサスの組直しで完了となり、ボアアップ後の不満箇所が一つ解消される。 そんな中、ヒート気味になるとノッキングが発生することが判明した。 現象の断定のためにハイオクを給油し、試運転したところ見事ノッキングは解消。 当然といえば当然なのだが、ヘッドの変更を伴わないボアアップなので、燃焼室容積はピストンヘッドの凹で対応するしかないが、80ccピストンは真っ平であり、その結果高圧縮比となったのが原因と考える。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ  2018年から参加

ヘッドの燃焼室またはピストンヘッドの加工は不可能と考え、点火時期を変化させるしかない結論となった。 色々と調べた結果、このリトルカブには点火時期の進角機能が存在しておらず、上死点前27度の固定であった。 ポイント点火の時代には、確かフライホイールの中にメカニカルガバナがあり、ポイントカム位置を変化させ進角していたと思う。 無接点点火となった現代、CDIユニットでこの役割を行っているものと思っていたが、まさかの固定点火時期だったとは・・・



オークション.jpg
調査の結果、カブ90ccのCDIは範囲は不明だが進角するらしく、多数のカブオーナーはそれを装着しているらしい。 しかし、価格はどうやら一万円くらいするらしく、とてもお試しでの導入するのは・・・ が、正直なところである。
しかし、良い時代である。 オークションで良さそうなCDIを発見した。

価格もお手頃な 1,950円

効能も全部を信じるわけではないが、「ノーマル50ccエンジンでも使用できますが体感するにはボアアップエンジン推奨です。低回転から高回転まで追従します。 ビッグキャブ使ってるけど低回転で安定しない→安定しやすくなります。 大排気量でアナログ(固定進角)CDIを使用し蹴っちんくらっている人→ケッチンがほぼなくなります。 低速~中速のトルクアップ、高回転もスムーズに加速します。

即決価格で落札した!



IMG_54461.jpg
そして、昨日帰宅するとポストに簡易包装で投函されていた。

IMG_5448.jpg



IMG_5451.jpg
透明樹脂で密閉されており、中の基盤も丸見えであり。 樹脂はカチカチではなく、若干の弾力を感じられる。 きっとお隣の大陸製であることは、うかがい知れるのである。

本日帰宅後、交換して効果を体感しようと思っている。

posted by 2740GG at 13:24| Comment(0) | 月曜整備(Little CUB) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください