2018年06月30日

【リトルカブ】ステアリングハンドル交換+LEDランプ換装

原因判明と過剰装備

IMG_5526.jpg本日、左グリップラバーの取替から派生した、最後の整備であるハンドルの交換を行った。 ハンドルは500円の中古品をヤフオクで手に入れたもので、入手初見は問題なさそうで左グリップラバーの交換作業はこれで終了できそうである。 作業はワイヤーハーネスの全バラシと、その他 諸々かなりの勢いでバラさないと、交換できそうもない様である。 

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ  2018年から参加


IMG_5530.jpg
ヘッドライトとハンドル上部のパネルを外し、ある事実が判明した。

IMG_5528.jpg
IMG_5529.jpg
あるはずの爪がなく、右ハンドルスイッチ(上画像)が回転していた理由は、これが原因だったようだ。 一方、左ハンドルスイッチ(下画像)には、爪が正しくハンドルのくぼみにはまっている。 ここは今回、目を瞑る事にする。

IMG_5531.jpg
IMG_5532.jpg
気持ちよく、バラバラにしていき各部の清掃・給油後、左グリップ部の外径違いの原因を探る。



IMG_5535.jpg
まずは外径の比較。 画像下の装着してあるハンドルパイプ径が、画像上の今回入手した500円ハンドルパイプに比べると、全く違うのが一目瞭然。

IMG_5536.jpg
装着したあったハンドルパイプ左下側を見ると溶接痕があり、ノーマル品の一回り太いパイプを何かの理由で、取外したのが判明した。

IMG_5527.jpg
そして、その理由はハンドル下側のパネル左側に穴があり、これから推測するとグリップヒーターが装着したあったのではないかという結論になった。

IMG_5538.jpg
大した事ではないが、これでリトルカブの不思議が解決し、後は気持ちよく組付けるだけである。



IMG_5545.jpg
そして、急に思いつきお蔵入りとなっていた、コイツの出番がやって来た。 これは、クロスカブに装着しようと試しに仕入れたものであるが、物理的に装着不可能だったために部品倉庫の奥に眠っていたものである。

IMG_5539.jpg
装着に当たりワイヤーハーネスの若干の改造が伴うため、車両のハーネスを確認するとビニールテープが巻いてある部分を発見する。

IMG_5540.jpg
ビニールテープをはがすと、裸線がグルグルと捩ってあるだけである。 今時、小学生の工作でもこんな繋ぎ合わせはないだろう。 そりより何のために切断したかが、気になるのである。

IMG_5541.jpg
車両ハーネスとLEDランプのそれぞれの配線を、ターミナルキットで加工して試し点灯を行う。



エンジンスタートして、Lo⇔Hiチェック。 【オンマウス】
オーッ、なかなか良いじゃない。 ようやく陽の目を見る事が出来る。

IMG_5544.jpg
奥行きもハーネスを押し込み、問題なし。 LEDバルブのBOXは左ハンドル部に押し込み、これも問題なし。

IMG_5546.jpg
そして、本日のすべての作業は完了した。

ただし、最近暗くなってからのリトルカブの使用がないので、明るさの確認は当分先となりそうである。

posted by 2740GG at 17:40| Comment(0) | 月曜整備(Little CUB) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください