2018年08月13日

【リトルカブ】リトルカブLED化評価

費用対効果

IMG_2020w.jpg6月の下旬から何の気なしにスタートした、通勤怪速リトルカブの“LED化”。 その経緯は①ヘッドライト ②Nランプ ③テールライト(ストップ)と3か所に渡り、悪戯も含めてLED化を行った。 ここに来て、ようやく暗くなってからの走行機会も増えてきたため、LEDバルブ換装の効果を記する事にした。


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ  2018年から参加


●ヘッドライト 2018年06月30日作業

IMG_5544w.jpg
このLEDバルブにおいてはクロスカブ用に3年前購入したが、物理的に装着不可で部品倉庫に眠っていた物の活用である。 たまたま、アダプターに「PH-7」が同梱しており、ステアリングハンドル交換時に試しに装着してみたら“バッチリ”適合し、LEDドライバーも左ハンドル部にうまく収まった。


明るさはLEDだけに白くクリアな感じであり、上下の配光もカブとしては問題ないレベルである。 そして、購入当時の価格は1,770円。 この価格でこれだけの効果と、バルブ切れの心配がなくなれば御の字たであろう。



●Nランプ 2018年07月07日作業
クロスカブ用にT10 LED(10個セット)で購入したもので、そのお余りを活用した完全な自己満足のため、評価対象外




●テールライト(ストップ) 2018年08月10日作業

KIMG0436.jpg
警察に二回もお世話になっている、このバルブ。 近い将来球切れとなる事か明白なため、フィラメントタイプのバルブより長寿命のLEDバルブへ予防交換する。


テール時の明るさ及びストップ時の明るさの強弱も問題なく、期待通りの結果となった。 価格も499円と通常バルブよりお高いが、許容の範囲である。 後は、寿命が如何程なのかが問題だが、これについては経過観察が必要である。

いずれにせよ、自己満足も含めて現在のところは良い結果となっている。

次なるLED化に食指が動きそうで、これからも散財覚悟で悪戯は尽きないのである。
posted by 2740GG at 13:44| Comment(0) | 月曜整備(Little CUB) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください