2018年08月31日

【リトルカブ】テールランプバルブ交換

策士策に溺れる

KIMG0436.jpg本日いつも通りに超早朝に出勤し、残念な事実を発見した。 それは、自分としては鳴り物入りで導入した「LEDテールランプバルブ」が点灯していない現象である。 昨日までは一切問題なく明るい白色の光を放っていたのであったが、会社のバイク停車場所に着き、ふと後ろに目をやると・・・ テールランプ・ブレーキランプとも不灯で、手で振動を与えると一瞬 ピカッ!

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ  2018年から参加


「なんで!」という気持ちと、「やはり。。。」という気持ちが・・・ 【オンマウス】
そして、外してみると装着時に補強のために加工したホットボンドが、見事に無くなっていた。 バイクの振動に耐えられなかった証である。



KIMG0469.jpg
今後の事は後で考えるとして、とりあえずLEDバルブに交換した際に、外した自動車用のバルブと交換する。
エッ! ブレーキランプは点灯するが、テールランプが点灯しない・・・
またもや災難、よく見るとフィラメントが断線している様である。



KIMG0473.jpg
KIMG0474.jpg
仕方なく、“2りんかん”へ急行しバイク用のバルブを仕入れる。



4.jpg
3種類揃ったテールランプバルブ達。



KIMG0478.jpg
自動車用とバイク用のバルブはパット見分からないが、内部構造がチョット違うのである。



これがバイク用たる由縁。 3点支持の耐震構造。 【オンマウス】

KIMG0481.jpg
次のステップアップまでの繋ぎで、このノーマルな状況で過ごす事になった。



KIMG0482 (2).jpg
このままでは終われない。 何故に不灯になったのか、原因探求を行う事にした。 まずは、ベース部分と分離させる。

KIMG0483 (2).jpg
更に分解。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
原因が判明した。 ふたつ使用されている抵抗のひとつの足と、上下の基盤を繋ぐ結線が断線していた。 犯人は、振動だな

3.jpg
2.jpg
取付時に予防としてホットボンドで基盤を補強したが、まさかの想定外の内部構造。

Amazon.jpg
再度、アマゾンの商品説明を確認すると「12V普通自動車用です。バイクへの取付は出来ません。」とご丁寧に書かれていた。

さて、これからどうしょう・・・

posted by 2740GG at 16:44| Comment(0) | 月曜整備(Little CUB) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください