2019年05月11日

岐阜一泊ツーリング

名もない池と大きな日本人

第1日目:5月10日(金)

IMG_7889.jpg本日、「雨なら出勤、晴れなら休日」というトンデモナイ変則業務となり、週初めから天気予報は「晴れ」。 そして、予報は見事に当たり朝起きると雲一つない真っ青な晴天である。 そして、昨日から予定していた岐阜方面へのバイク活動を実行する事にした。 目的は二つ「その① 名もない池の訪問」と「その② 偉大な日本人の故郷への訪問」である。
  2018年より参加   にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ   にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ 

IMG_7882.jpg
出発は朝の天候を完全に確認してからとなり、ちょっと遅めの6時に一路奥多摩湖に向けスタートした。

IMG_7883.jpg
ココの立ち寄りは必須。 富士山を遠くに望む事が出来た。

IMG_7887.jpg
久々に寄った。 ここは白州のべるが通りで、南アルプスに続く気持ちの良い直線。

IMG_7891.jpg
この後、甲州街道沿いのここへの入口「道の駅はくしゅう」で、しばしの缶コーヒータイムをとる。



IMG_7895.jpg
そして、昼飯処に到着する。 ここは以前から温めていた伊那市の「信濃路」。

IMG_7892.jpg

今回のお目当ては、ソース&玉子とじカツ丼のコラボカツ丼である。 【オンマウス】
メニューを確認し、ジャンボカツ丼の量を店員に確認すると❝なんと白米が3合❞
当然、この量だと完食はNG。 よって注文は一段格を落とした「ハーフ丼(ソース&玉子とじカツ丼)」900円。
お隣の席の男性二人が「ジャンボカツ丼」を注文し、先には配膳されその姿を確認したが、❝良かったハーフ丼にしておいて❞・・・
そして、実食。 特段特徴がなく、丼重に小ぶりの2種類のカツ丼がのったもの。 やはり、ジャンボでなければこのお店の価値はないと言えよう。(シェアしなければ注文は出来ないが)




我が家系の発祥の地に。 【オンマウス】



IMG_7900.jpg   IMG_7902.jpg
チョット寄り道をし、妻籠に。

IMG_7906.jpg
そして、馬籠峠を越して。

IMG_7912.jpg   IMG_7909.jpg
馬籠に到着する。 この後の事を考え徒歩での散策は行わず、要所要所の見学で終わらせた。



bev7752481564.jpg
そして、本日のメインイベントである「名もない池(モネの池)」へ。 ここの見学は、ネットでこの画像および動画を見た時から頭の片隅にあり、今回決行に至ったのである。

IMG_7920.jpg   IMG_7921.jpg
IMG_7918.jpg
4枚-1.jpg
到着したのは16時30分。 さすがにこの時間だと観光客は殆んどおらず、ゆっくりと気のすむまで見学する事が出来た。 要するにこの池は根道神社境内の池であり特別なものではないが、睡蓮と錦鯉と池の青さが見事に調和した他には見る事が出来ない❝お池❞であった。 これで、本日のバイク活動は終了し、関市のビジネスホテルへ向かい、明日への鋭気をアルコールで充電した。



IMG_7929.jpg
飲酒をしながら新装備のある事に気付く。 「気ままなソロツーリングではこの❛マイク❜は不必要」なので、明日からは取外す事にした。



IMG_7927.jpg
■コース 【本日の走行455.7Km】【給油量7.42リッター】
自宅(6:00)→奥多摩湖→べるが通り→杖突峠→伊那(昼食)→妻籠・馬籠→根道神社(モネの池)→関













第1日目:5月11日(土)

IMG_7953.jpgそして、2日目の朝が来た。 日頃の行いが良いのか、今日も嬉しい事に予報通り晴天である。 しかし、太平洋側各地は25℃を超える夏日になると予報されているのがチョット気にはなるが、きっと良い1日になるだろう。



IMG_7930.jpg
6時前にはスタートしたいところではあるが、ホテルの朝食サービスが6時45分から・・・ バイキングの美味しい朝食を摂り、7時10分に各装備を整えて、一路浜松の天竜に向けてスタートした。



IMG_7944.jpg
本日のメインイベントである「本田宗一郎ものづくり伝承館」。 混雑を想定し開館の10時を目指したところ、15分過ぎに到着する。 入館料無料ではあるが、受付を済ませ入館する。

IMG_7940.jpg
入口目の前にはこの「この私の手が語る」が、展示されている。 28年前を思い出した・・・ 青山で開催された「お別れの会」で、この展示を考え深く鑑賞した記憶が・・・
ハンマーをふるうのは右手
左手は陰になっていつも犠牲になる
だけど左手があるからこそやれる


IMG_7933.jpg
今となってはこの「ホンダドリーム50」も懐かしいが、これらがあったからこそこのバイクが生まれたのであろう。 - ホンダCR110カブレーシング -

IMG_7937.jpg
ホンダCR110カブレーシング 保安部品装着車

IMG_7936.jpg
ホンダCR110カブレーシング レース仕様車

IMG_7935.jpg
ホンダCR110カブレーシング レース仕様車

IMG_7934.jpg
ホンダRC114

IMG_7943.jpg
そして、ホンダの原点であるコイツ 

IMG_7941.jpg   IMG_7942.jpg
IMG_7939.jpg
こいつらも片隅にヒッソリと展示してある。

IMG_7938.jpg
本田宗一郎の偉大さをお勉強し、次に向かう。




ここ浜松ときたら、やはり餃子である。 【オンマウス】
選んだお店は、11時からオープンしている「石松餃子本店」である。

IMG_7945.jpg
開店間もないため待ち時間なしで入店する。 メニューを見ながら店員に「円くなるのは何個から?」と聞くと、「20個からです」と返答。 さすがに20個の定食は食べきる自信が無いので「石松餃子定食(10個入り)」1,000円を注文する。

IMG_7946.jpg
IMG_7947.jpg
やはり浜松餃子は「円」だなと思い、サイドメニューに目をやると小さい文字で「石松餃子は15個から円形焼きになります」と書かれているではないか・・・ 店員の答えは何だったのだろうか・・・ 今更なので味は変わらないので文句ひとつ言わずに完食した。 イヤー、形関係なしに旨かった。

これで今回の一泊バイク活動は完達した。 あとは自宅目指して国道1号で東進するのみ!

桜えび好きの自分にとっては国道1号で東進するとなると、いつもの所によるしかない。 ひたすら国道1号を走るが、問題は「125cc以下は通行禁止」の通行規制であり、厄介な思いをする。 帰宅後、このサイト確認するも、国道1号についての二輪車通行規制区間情報はなく「お上への要望」は出来ない状況。 せめて制限速度の違いから、原付の通行禁止に緩和すべきである。
そして、いつものお店に立ち寄り「釜揚げ桜えび」の有無を確認すると、いつものお姉さんより「売り切れました」とツレナイお返事・・・



IMG_7958.jpg
IMG_7955.jpg
IMG_7960.jpg
残念な事に「釜揚げ桜えび」は入手できなかったが、これを記憶に残して帰宅した。



IMG_7961.jpg
■コース 【本日の走行455.9Km】【給油量7.84リッター】
関(7:10)→本田宗一郎ものづくり伝承館→浜松(昼食)→由比→富士山右回り→自宅
     【2日間走行計911.6Km】【2日間給油計15.26リッター】









posted by 2740GG at 21:09| Comment(2) | ツーリング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらにいらしてたんですね。
本田宗一郎の館は私も行きたいところです。
石松餃子さんは2時間待ちで入ったことがあります。
モネの池はブームの時でしたので満員御礼、全然見れませんでした。
次は明治村にでも是非どうぞ。
Posted by keiichi_w at 2019年05月13日 05:20
こんばんは。

ご無沙汰しています。 以前から温めていた企画でようやく念願がかないました。 平日の夕方狙いで訪問したため、思惑通りゆっくりとモネの池を見学出来ました。 「本田宗一郎ものづくり伝承館」は日本の歴史の一端を見る事が出来、大変感激でした。 明治村・・・まだ未訪問の場所です。 色々とロケも行われているそうですよね。

>keiichi_wさん
>
>こちらにいらしてたんですね。
>本田宗一郎の館は私も行きたいところです。
>石松餃子さんは2時間待ちで入ったことがあります。
>モネの池はブームの時でしたので満員御礼、全然見れませんでした。
>次は明治村にでも是非どうぞ。
Posted by 2740GG at 2019年05月13日 20:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください