2019年12月19日

"カブプロ"グリップヒーター取付

費用対効果は?

グリップヒーター.jpg3週間前、最上な通勤とバイク活動を目指して発注していた「グリップヒーター」が昨日入荷した。 ポチッとした3週間前の価格は603円であり、その数時間後には592円にプライスダウンし、本日再確認すると驚きの500円となっていた。 一体どうなっているのかこの価格設定、疑問だらけの商品だがそれはさて置き、午後から取付作業を行った。  
  2018年より参加   にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ   にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ 

IMG_1306.jpg
やはり、案の定「中国郵便」での配送であり、馴染みのパッケージであった。



IMG_1308.jpg
IMG_1309.jpg
内容物チェック。 問題なし!

IMG_1310.jpg
絶縁の熱収縮チューブをめくると、この有様・・・ これについては、すべてのパーツを分離し取付作業をしたため、解決。


IMG_13091.jpg
更なる問題が! スイッチのロック部分が破損しており、スイッチ✖ステーの固定がこの状況・・・ しかし、これを理由に返品しても、またまた3週間待ちとなりそうなので、加工し固定する事にした。 603円だからこそ、成し得る事実なのである。



IMG_1311.jpg   IMG_1312.jpg
IMG_1313.jpg   IMG_1315.jpg
IMG_1317.jpg
ヒート部分をグリップにマスキングテープで仮装着して絶縁テープで固定後、熱収縮チューブを被せてヒートガンで完全固定する。

IMG_1318.jpg   IMG_1319.jpg
そして、グリップ部分は出来上がり。 グリップの凹凸が無くなったため、チョット不安が・・・


コントロールスイッチは、ハンドルポスト部に両面テープで装着。 【オンマウス】


外した各パーツを取り付けて終了する。 【オンマウス】

これで無敵の"カブプロ 冬Ver"に変身できたのである。 この後、約5キロのテスト走行をしたところ、薄いワークマングローブだと「強」だと熱すぎるほどの効果。 本日の気温、薄いワークマングローブ、5キロ程の走行時間だと「弱」で十分であった。 そして、危惧していたグリップの感じだが、やはり凹凸がないため違和感を感じる。 これについては、今後の実践でどうするかは思案する事とする。 何はともあれ、耐久性さえあれば「抜群な商品」であろう。 



IMG_1325.jpg
【備忘画像】


posted by 2740GG at 18:30| Comment(0) | 月曜整備(Super Cub 110 PRO) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください