2020年04月10日

お誕生日

回想 思い出バイク

cake_frame_7269-500x375.jpg緊急事態宣言が出されてから、早4日を過ぎようとしている今日、Twitterでフォローしている「Honda本田技研工業㈱」があるつぶやきをした。

それは思い出深い「Honda SL250S」についてのつぶやきであった。  

  2018年より参加   にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ   にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ 

  TWITTER.jpg
そのつぶやきの内容は、かつてのお気に入りだった愛車「Honda SL250S」が、本日4月10日48歳のお誕生日を迎えたというつぶやきであった。

    1552045487359.jpg
    1552045477637.jpg
思い起こせば昭和49年・・・



1584937237041.jpg
1584937229737.jpg当時、このホンダ初となる2ストエンジンの市販車「エルシノアMT250」に、発表後 即飛びつき購入した。 しかし、やはり初めての2スト市販車の出来は・・・ 多くの不具合に悩まされ、最も最悪だったのは「雨天時のエンジンオーバークール」。 フロントタイヤが巻き上げる雨水が、エンジンのシリンダーフィンに直撃して、アクセルを開けてもエンジンは❝モーモー❞というばかりで加速しない。。。



1552045335267.jpg
そんなエルシノアに嫌気がさしてきた頃、ある日そのエルシノアで当時の浦所BP(現R463)を走行中、軽快に抜き去ったのがバイクが一台。 負けじと加速しても全く追いつかない・・・ それが、Honda SL250Sであった。 そうなると気持ちは完全にSL250Sモードになり、行きつけのバイク店に直行。 しかし、時すでに遅し❢
エルシノアの発売に伴い、一年前に生産中止となっていた
けど、新車の購入を諦め切れずにあらゆる伝を頼り調査してもらうと、数日後に新潟のバイク店に日本で最後の新車が発見され、手中に収める事が出来たのである。
このSL250Sには・4バルブエンジン ・プライマリーキック ・ダブルスプリングのリヤショック ・アルミリムなどの当時としては贅沢な装備で、特にエンジンの軽量化のために、左右クランクケースカバーがマグネシウム合金だったのが驚きであった。

初めての4サイクルトレール車で走行感❝スタタッタッタ❞と、各所の林道ツーリングに誘ってくれた。 幼馴染との中津川林道ツーリング・初めての柳沢峠手前での公道転倒など思い出一杯のバイクであった。 北米仕様でプラス100ccのSL350Sも販売され、一時は夢見たがトレール熱はトライアル競技へ移行してしまい手放し、約10年後XL250Rパリ・ダカールでトレール車に出戻った。 思うに自分的には、CRF250RALLYの源流はコレなのであろうと考える。 その後、このエンジンを搭載したトライアル車「TL250」を、250㏄のトライアル車欲しさに長期在庫車をホンダ直で購入した。

そんな事から、このバイクにおいては自身のバイク人生の大きな通過点であった。 

posted by 2740GG at 16:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください