2021年01月31日

“カブプロ”シートマウントプレート交換

「ピタッ!」と

IMG_3571.jpg最近”カブプロ”の事ばかりとなっているが、相も変わらず今回も”カブプロ”のメンテナンスである。 本日のターゲットは、一昨年の配備から判明している案件である。 一昨年の8月に片方破れていた「シートマウンティングラバー」を左右交換し、吸盤の効果回復を図ったが・・・
しかし、思い通りの「ピタッ!」は実現しなかった。 その原因は、引っ付く方の❝錆❞
 にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ  にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ  クロスカブ&カブプロと一緒日記 - にほんブログ村

ヤフオク!.jpg今の今まで何故手付かずだったかと言うと、その部分が燃料タンクそのものだと思っていたからである。 そして今回「尻痛対策用シート」の交換を機に中古品への交換と思い、オークションサイトを覗くと・・・ 錆の発生している部分が付いていない?
     と、言う事は! 

IMG_3559 (2).jpg
そして判明する。 「シートマウントプレート」なる部品が存在していた。 パーツリストによると当時の価格は1,200円、一時補修も考えたがホムセンで必要なものを揃え作業するよりも、安上がりと判断して新品交換を決定した。





最近の部品調達は、幼馴染の友人店「モーターサイクルサービスマキシマ」。





一昨日、業務終了後に部品を取りに行き、この「シートマウントプレート」の交換が必要な理由を話すと・・・





オーナーから思いもよらぬ、お言葉が・・・






❝「吸盤シート」を貼れば。 百均で売っているよ❞だと・・・ 【オンマウス】



IMG_35721.jpg「そんな、まやかし作業は出来ない」と自分に言い聞かせ、いざ交換。 この部品の取り付けは、燃料タンクに2個の袋ナット(上)と2本のボルト(下)で取り付いている。 このため、下のボルトにアクセスするために、すべての外装パネルとリヤボックス等の取外しを余儀なくされる。


IMG_3573.jpg
これが今回問題となっている、2点の❝錆❞

IMG_3574.jpg   IMG_3575.jpg
想像するに、さびた原因は給油時に左画像の様にキャップを置いた時に傷が付き、錆たものと考える。 自分は、右画像の様に専用のキャップ置場(?)に置いているので、塗装が剥げ傷が付く事はないのである。



IMG_3576.jpg
作業はリヤボックス取外しから、取り掛かる。 ボックスが外れると、解ってはいるがリヤキャリアの大きさを再認識する。

IMG_3578.jpg
外装パーツ 全バラ状態。

IMG_3577.jpg
しかし、左右のボデーカバーだけは取付スクリュウとクリップを外し、左右に浮かせるだけで、燃料タンク後部の取付ボルトにレンチが入った。

IMG_3580.jpg
意味のない新旧比較。

IMG_3583.jpg
ハイッ! 作業終了。 ピタッ❗と気持ちよく張り付き、吸盤の跡も綺麗に残るようになった。 メデタシ、メデタシ

posted by 2740GG at 17:27| Comment(0) | 月曜整備(Super Cub 110 PRO) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください