2021年02月03日

<進化>ホンダ純正オイル

SAE:5W-30に

IMG_3538.jpg1月の上旬から気になってきた"カブプロ"のカムチェーン異音。 開腹点検を覚悟して必要な部品数点と、その作業に必要な工具と、実験的にいつもより粘度の低いエンジンオイルを揃え、開腹点検前にそのオイルを使用してオイル交換を行い、まずまずの結果となった。 そして、今月に入りWEBmr.Bikeでこんな記事を発見。
 にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ  にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ  クロスカブ&カブプロと一緒日記 - にほんブログ村

スクリーンショット (14).jpg
ホンダ純正オイル「ウルトラ」シリーズは、そもそも4ストロークメーカーとして発展してきたホンダにとって大切な純正パーツ。40年ほども歴史があり、「ウルトラ」というネーミングは本田宗一郎自らが提案したという説もあるほどである。そんな純正オイルが12年ぶりにパッケージをリニューアルすると同時に、スタンダードグレードのG1が大きな進化を果たした。   WEB mr.Bikeより転載
今となっては「ホンダ純正オイル」は使用していないため、自分には無関係。
とは言いつつも、若干気になりホンダのHPをチェックした。
すると、なんと なんと なんと!

文書1.jpg
feature_cap02.jpg   feature_cap01.jpg
ラインナップの一番下に位置する「ウルトラG1スタンダード」が部分化学合成油になり、粘度指数がSAE 5W-30に変更していたのである。 性能面は旧G1と比較すると「実用温度域は低粘度で抵抗が少ない 始動性や燃費向上」「高温度域は同等以上の粘度で耐久性を向上」と、性能がアップしているらしい。(ホンダHPより転載)


カブプロもクロスカブも、推奨オイルは「Honda 純正 ウルトラ G1」。【オンマウス】

この事から今回のAZオイル 5W-30の選択は「あながち間違ってはいなかった」との結論になったのである。(自画自賛)

posted by 2740GG at 18:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください