2011年02月28日

武蔵野うどん-89

手打ちうどんの店いこいこ



今日は「けんさん」のブログで紹介されていたこの店へ、所沢の狭山ヶ丘駅近くまで越境昼飯に行った。この辺りのうどん店はまったく未開拓であり、ましてこの「いこいこ」は完全に裏通りでノーチェックであった。(けんさんアリガトわーい(嬉しい顔)

続きを読む
posted by 2740GG at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

武蔵野うどん-88

武蔵野製麺所長嶋屋



昨日は「田舎うどん古奈屋」。 そして今日は初訪問となる、武蔵村山の旧日産村山工場前の「武蔵野製麺所長嶋屋」に出向いた。

続きを読む
posted by 2740GG at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

武蔵野うどん-87

べに花ふるさと館



今日の昼飯はここ、埼玉県桶川市の「べに花ふるさと館」である。
ここには昨年一回寄った事があるが、土曜日という事で満杯状態で、ワンパスexclamation×2
そして今日、仕事の移動中に立ち寄り、この肉ねぎ汁うどん大盛700円を食す。

続きを読む
posted by 2740GG at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

武蔵野うどん-86

セルフうどんあおき



久々の武蔵野うどんの書き込みである。この店が武蔵野うどんのカテゴリーでよいかはチョツト疑問であるが、食したのは「肉汁うどん」という事で決定。

続きを読む
posted by 2740GG at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

武蔵野うどん-85

うどん専門店 うまとら

うまとら肉汁うどん大もりかき揚げ

毎日々、朝夕と通過する武蔵野うどんの新店「うまとら(5/27開店)」に初訪問。当然注文は肉汁うどん600円で、「大もり100円」と「かき揚げ100円」をプラスし計800円となる。運ばれたかき揚げは熱々揚げたてわーい(嬉しい顔)。うどんは茹でおき(時間的にきっと)ふらふらであるが、ワリと満足であった。残念なのはつけ汁、温度といい、味といい、バッド(下向き矢印)ダッシュ(走り出すさま)。次に期待カチンコ
posted by 2740GG at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

武蔵野うどん-84

手打ちうどん 庵(いおり)

庵豚つけ汁うどん

前回に続き初訪問店である。場所は東大和市新堀3丁目のしまむらの前、すぐ西の交差点はよく通過するのだが、ココの存在は知らなかった。入店後、メニューを確認するとつけ汁うどんの具が「牛」「豚」「鴨」「カレー」「きのこ」「きつね」と6種類もあり、ビックリ!。また、丼タイプのうどんも豊富であり、選ぶのが大変である。
しかし、注文は当然「豚つけ汁うどん(中500g)」800円。
茹でたて、揚げたて(今回は注文していない)で今後も再訪に値するうどん店である。
posted by 2740GG at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

武蔵野うどん-83

田舎うどん 七

七田舎うどん

久々に初訪問となるうどん店である。昨年TVでも取材された国分寺の「七」である。ここは東久留米の「不動」、東村山の「しまだ」同様の自宅系うどん店である。そのため、店の場所の特定、また到着してから店内への入り口を発見するの手間取ってしまった。13時前に入店すると券売機には「肉汁は売り切れ」との表示があり、注文は田舎うどん700円。そして、出された田舎うどんはご覧の通りであり、どんぶり一杯のうどんと揚げたてのてんこ盛り天ぷら3点盛(かき揚げ、かぼちゃ、ちくわ)である。この店はナントうどんのお変わりが出来る様で、別テーブルの客がリクエストしていたが、自分はデェフォルトで満腹状態。次は肉汁を・・・
posted by 2740GG at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

武蔵野うどん-82

手打うどん しまだ

メニュー肉うどん

地元にいる休日は当然“うどん”である。いつもならばリーズナブルな橙やに出かけるところだが、今日は東村山市役所付近に用があり、久々に“手打ちうどん しまだ”によった。肉汁うどんを予定していたのだが、メニューの下の張り紙に「温かい肉うどんできます」。決定、寒い今日この頃、当然の選択となり「肉うどん600円」を注文した。
そして、運ばれてきたお盆には玉葱がメインとなるかき揚げがついている。ありがたいのだが、前回は“うどんのみで満足出る事を目指し、天ぷらは付けない”と言っていたのに・・・。冷え切った体も温まりご馳走様でした。
posted by 2740GG at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

武蔵野うどん-81

武蔵野うどん 真打

真打肉汁並

本当に本当に久々の武蔵野うどん新店の訪問である。ここは11月7日に開店したばっかりの専門店。開店後、2週間キットすべてが落ち着いた頃であろう今日「肉汁うどん並(400g)」650円を食す。入店すると本日発売の「ごま肉汁うどん」勧められるが当然この選択となった。 HP
麺、汁とも結構自分好みであり、機会があれば再訪問したい店であった。(100円割引券も貰った事だし)
posted by 2740GG at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

武蔵野うどん-80

手打ちうどん こせがわ

肉うどん11月10日(火)の記事
地元うどん店の久々のアップである。別に久々に食べたわけではなく、ツーリングに出かけない定休日の昼は、必ず地元うどんなのだが、今回は初めて「こせがわ」で「肉うどん 650円」を食してみた。
ウッ! 旨い! 肉の脂身と麺との相乗効果でグッド(上向き矢印)exclamation×2
posted by 2740GG at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

武蔵野うどん-79

四方吉うどん

鳥塩うどん久々のうどんネタであるが、よく行くフレサよしみ前の「四方吉うどん」である。肉汁、きのこと制覇した現在、残すところは土日限定の「鳥塩うどん」だけとなり、遂に今日念願が叶った。いつもながら、グット並盛でゴロッと鶏肉が入り、結構○!。
割引券を使用して「700円-100円=600円」。

2008年11月30日 → 肉汁うどん  2009年03月16日 → きのこうどん
posted by 2740GG at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

武蔵野うどん-78

田舎うどん 古奈屋

古奈屋田舎うどん

3日連続で武蔵野うどん記事のアップである。いつもなんとなく店構えから入りづらかった、新青梅街道沿いの古奈屋に行く。店内に入ると思ったよりも敷居は高くなく一安心、古奈屋=カレーうどんとなるがココは立派な武蔵野うどんの店でした。そして、注文となるわけだがメニューに肉汁うどんがなく、田舎うどん650円+大盛100円を注文した。待つこと5分ほどで茹でたて、揚げたが運ばれてきた。間違えなく手打ち、手切りの旨そうな麺で付け汁には肉も入っている。そして2種類の野菜天、糧、薬味、揚げ玉もシッカリと付いており、なかなかの感じてある。 =食す= ウッ、なかなか旨いじゃないですか。結果、自分の定番店にランクインした。
posted by 2740GG at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

武蔵野うどん-77

加須名物 手打ち道場 東松山店

手打ち道場肉汁うどん

飽きもせず毎日の様にうどん昼飯である。今日の標的は東松山市の加須うどん??。加須うどんは初めて食べることになるのだが、何故 東松山でという疑問が・・・。注文はいつも通りに「肉汁うどん」となるのだが、この店のメニューの多さに一瞬戸惑ってしまう。肉汁だけでも「特製」「塩味」と多彩であるが、通常の「肉汁うどん中:700円」を注文した。出て来たうどんはかなり茶褐色であり、見た目かなり旨そうである。そして、食べる、麺はかなりの歯ごたえで自分好み。汁も濃い目でつけ汁として丁度良い感じである。
posted by 2740GG at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

武蔵野うどん-76

竹國うどん 堀兼店

竹國うどん竹國うどん肉汁うどん

以前から存在は知っていたのだが、タイミングの問題だけで寄れなかったココ「竹國うどん堀兼店」に今日昼飯に行く。思っていたより小奇麗なファミレス的な店舗で、土曜日ということで家族連れが多く、繁盛している。入店後、注文は当然「肉汁うどん中盛」700円。肉、ねぎ、油揚げが入った肉汁は具沢山でわりとしょっぱめであるが、麺と絡んだ感じはよく総合的にはマル。そして、月曜日はサービス日で並の値段(600円)で麺のみ食べ放題になるそうである。
posted by 2740GG at 23:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

武蔵野うどん-75

手打ちうどん えのさん

えのさん肉汁つけ麺

今日もまた武蔵野うどんである。今日の標的は、ツーリング帰宅途中としての立ち寄りで、武蔵村山のダイアモンドシティー前の「えのさん」である。目標物が大きいだけに発見に苦労するかと思われたが、一発で到着する。店内はカウンター席だけであり、面白い事に麺茹では別棟で行い、茹でられた麺が一旦外に出てカウンター席前の厨房にやってくる。そして、肉汁うどんの呼び方が違い、「肉汁つけ麺」と店内に表記されている。当然注文はコレの並(280g)600円である。出て来たうどんは色といい艶といい、いかにも旨そうである。大ぶりの肉が入った肉汁につけ、食べる。 旨い 次回は大盛にしよおっと。


posted by 2740GG at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

武蔵野うどん-74

元祖熊谷うどん 福福

福福福福肉汁うどん

今日もまた、うどん昼飯である。今日の標的は今年1月にオープンした旧妻沼町の国産・無添加にこだわった「元祖熊谷うどん福福」に行く。場所は非常に分かりやすく一発で到着し、店内に入る。珍しい、この様なうどん店で食券購入パターンは。そして、この券売機が難しく最初に店内ボタンかお持ち帰りボタンを押さないと先に進めず、逆に効率ダウンとなっている様である。(後から入店するご年配の方は困っていた)
そして、注文は当然「肉汁うどん(並)」700円。待つ事約10分余り、半券のナンバーが呼ばれカウンターに取りに行く。そう、ここはセルフの武蔵野うどん店である。(店員は数名いるのに・・・)
うどんはエッジの立った機械切りのようだが、肉汁の肉にビックリこいた。バラ肉ではなく厚さ5mm程もあるトンカツに使用するような肉なのである。メニューには「彩の国黒豚100%使用」と記載されていた。盛りは並盛りから中・大・特・メガ・ギガ・テラと7段階もあり、メニューも「もり、きのこ汁、肉汁、肉玉汁、カレー汁、牛肉汁」と多彩である。次回は1日10食限定の牛肉汁うどんを狙い、いつになるか分からないが再訪する予定である。 

posted by 2740GG at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

武蔵野うどん-73

麺処 たかしな

麺処 たかしなたかしな肉汁

先月コメントを頂いた、ご夫婦でトランザルプ700に乗っておられる「へいぞう嫁さん」情報の日高市「麺処たかしな」に、今日昼飯に行く。場所の推測は出来ており、一発で到着する。いつもながら、初めての入店は肉汁うどんの並盛(600円)を注文し、待つ間店内を見回す。きっと以前はうどん店ではなく、居酒屋か定食屋だったと思われる造りである。そして、出て来たうどんは藤店うどんバリの具沢山のつけ汁で、麺は武蔵野うどん独特な茶褐色。そして、具沢山な肉汁につけ食べると、想像通り(店内の貼紙にも硬いとの表示)自分好みな程よい硬さであるが、いつもなら鼻に抜ける小麦の香りが少なく感じる。しかし、Goodな麺の硬さと汁の旨さであっという間に完食となる。最後に残念だったのが店内の4S不足。
posted by 2740GG at 22:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

武蔵野うどん-72

手打うどん 粉屋

粉屋つけ汁うどん

以前よりペンディングであった旧花園町の「粉屋」に、仕事の移動途中に立ち寄る。
時すでに3時前で店内はガランとしていており、テーブル席につきメニューを確認すると肉汁うどんは無い。それではという事で、「つけ汁うどん大盛」500円+100円を注文する。
そして、待つこと数分。 そして、食す。 ウッ旨い。 かなり自分好み。 また来ようと決める。 次はカレー汁だな。
posted by 2740GG at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

武蔵野うどん-71

元祖武蔵野うどん めんこや 本店

めんこや本店ピンボケ肉汁
今日は一昨年の記事「武蔵野うどん-17」に、去年の7月にコメントで“武蔵野うどん通さん”から紹介いただいた、ここへ昼飯に行った。店内に入り注文は当然、肉汁うどん並盛(500g)700円。うどんが出てくる間、店内を見回すとさすが川越、ありました「つばさうどん」600円、冷たい汁のぶっかけだそうである。つばさの名前を付けたからには何か工夫があるはず。どんなもんだか気になるなぁ。帰りにトッピング(わかめ・生姜)無料券を貰う。
しかし、埼玉の武蔵野(田舎)うどんは麺といい、汁といい、かなり味が近いと思う。
posted by 2740GG at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

武蔵野うどん-70

手打ちうどん久兵衛屋

手打ちうどん久兵衛屋肉汁うどん大盛

雨降りの休日は暇である。特にGWの最中、特別行くところもなく家族全員でぷらぷらとしている。そして、昼飯の選択は当然うどんであり、先月中旬から店頭の肉汁うどんのノボリが大変気になっていた「久兵衛屋東村山店」へ全員で出かけた。前回食べた黒豚肉汁うどんがなくなり、黒豚の冠がはずれ選べるつけ汁メニューになった様である。
注文は肉汁うどん590円+大盛100円(今時、総額表示じゃないのはどうかな)、家族は鳥塩汁うどん、坦々うどん、カレーうどんでした。次は娘が食べていたカレーうどんと決めました。
posted by 2740GG at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵野うどん | 更新情報をチェックする