2008年11月04日

甲子道路ツーリング

登山国道開通

R289険しい峠に阻まれ通行不可能だった国道289号が、先々月の21日に開通した。 そして、計画していた先週が「桜えび」となってしまったため、今日コースを短縮して行って来た。




東北道スタートはいつもより若干遅い7時過ぎとなり、川越経由で加須ICより東北道で通勤割引ギリギリの矢板ICまで高速移動となる。
“チョット寒さを感じる”
矢板ICからは県道30号を北上する。 この県道は矢板市街を抜けると、「景色・展望」実に気持ちの良いコースとなる。 自分としては県道トップ50にランクインしました。
“冬用グローブが必要なくらい寒い”


殺生石以前の下調べで甲子道路開通に先立ち「ボルケーノハイウェイと那須甲子道路が無料化」と記憶があったために、那須湯本温泉の源泉の「殺生石」を通り、茶臼岳手前で折り返し那須甲子道路に向う。


那須湯本手前展望台しかし、那須湯本を過ぎると料金所が目に飛び込んだ。
エッ!
ココでケチるとかなり下山して遠回りする様なので、仕方なく260円を支払い茶臼岳に向う。
“この辺りはかなり寒い!みぞれまで降る始末”


那須甲子道路いよいよここが無料となった那須甲子道路である。 ここは道沿いは紅葉真っ只中ラインであった。
“具合の良いワインディングロードと美しい紅葉でしばし寒さを忘れる”


栃木側福島側
左 → 栃木県側       右 → 福島県側

不通国道:R289を開通させた甲子トンネルである。 この国道の開通の裏には、色々と事情がある様である。


3連国道道の駅たじま手前で撮影した、大変珍しい3連国道。 この後、何度と無く出現する。


五十里湖以前にもこのアングルを・・・。 しかし、色合いと水量がちょっと違う。


霧降高原霧降展望

本当に久々に来てみた。 以前来たのは確か・・有料の頃だった様な気がする。


大田焼ソバまん本日の昼食である。 なんと寂しい事に日足トンネルを過ぎたコンビニで「太田焼ソバまん」と肉まんの昼食となる。 初めてのコラボ肉まん「太田焼ソバまん」はピリ辛、濃い味のヒットを予感させる味であった。


草木ダム銅街道、定番の休憩ポイント「草木ダム」。 今日の草木ダムはこんな感じで。 この後、大間々、桐生、「太田焼ぞば」の地元太田と通過して、鴻巣市で一服後いつもの帰宅路で自宅へ。




20081104走行■コース
自宅(7:05)→川越→加須IC→矢板IC→県道30号→県道17号→ボルケーノハイウェイ→那須甲子道路→R289→R121→霧降高原→銅街道(R122)→R50→R407→R17→R254→自宅





posted by 2740GG at 22:12
"甲子道路ツーリング"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。